SIerはやめとけと言われる理由|本当にやめとくべきか判断する方法

システムエンジニア

SIerはやめとけと言われる理由|本当にやめとくべきか判断する方法

 

SIerは何が原因でやめとけと言われているの?

良いところはないのかな??

さて、私はSIerへいくべき?やめておくべき?

 

本記事の内容

  • SIerはやめとけと言われる理由
  • Sierメリット・デメリット
  • SIerをやめた方がいい人
  • 選ぶべきSIer|目的別

 

本記事を書いている僕は、過去SIer・SES企業に在籍し、社内SEやWEB系企業を経て現在WEB系フリーランスとして活動中。

 

SIerにもいろいろと種類があります

なので、全てのSIerにおいて「やめとけ」と決めつけるのは間違っていますよ。

 

なぜなら、SIerは大手企業や中堅、小規模まで存在します。

 

SIerの産業構造(ビジネスモデル)により仕事内容も違いますし、やりがい・待遇などまったくバラバラです。

つまり、将来どうなりたいのかなど目的を持ち、それに合うようなSIerであれば入社して良かったと思えるようになります

 

なので、あなたが聞いたSIerの情報などを鵜呑みにし、はじめからSIerを就活の対象外としていてはもったいないです。

 

本記事を読むことで「SIerを就活から除外する方がよいのか」、はたまた「どんなSIerが自分に合っているのか」などわかりますよ。

 

有名企業(非公開)にも出会える!

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!
・未経験者でもサポートあり!

\まずはお気軽にご相談!/

 

1.SIerは「やめとけ」と言われる理由

  1. Excelで資料作成ばかり
  2. スキルアップできない
  3. 労働環境がブラック
  4. 客先常駐

 

順に解説します。

 

1.Excelで資料作成ばかり|(大手SIer)

大手のSIerであれば、製造などのモノづくりよりもマネジメント業務に携わることが多いです。

 

それは、以下SIerの産業構造(ビジネスモデル)を見るとよくわかります。

クライアント

⬇︎仕事を依頼

一次請け(元請け)|大手SIer企業

⬇︎一部の仕事を依頼

二次請け|中堅SIer企業

⬇︎さらに一部の仕事を依頼

三次請け|小規模SIer企業、SES企業など...

 

大手は元請け(一次請け)としてクライアントから直接仕事を依頼されます。

しかし、大手SIer企業内の人材だけでは、仕事をこなすことが難しいです。

なので下請けのSIerやSES企業に一部の仕事(設計や製造など)を発注するんです。

 

大手SIerはクライアントに近い立場で開発の大枠(システムの導入企画や立案)を決め、下請けのSIerを管理マネジメントする立場にあるのです。

 

そのため、大手SIerでは会議・打ち合わせの機会が多く、その資料作成が主な仕事となってしまいます。

 

2.スキルアップできない

  • 大手SIer:プログラミングができない
  • 下請けSIer:テストなど下流工程ばかり

 

前述したように、SIerの産業構造は大手SIerを頂点に下請けSIerが配下に存在します。

プログラミングなどモノづくり工程がしたかったのに大手SIerへ入社してしまうと、それができません

 

また、下請けのSIerに入社してしまうと、下流工程(プログラミングなど)ばかり。

最悪オペレータのような仕事になってしまうこともあります。

なのでクライアントともっと近い立場で仕事がしたい方にとっては、やりがいも薄れますよね。

 

SIerへ入社する際には、その企業の規模感(産業構造におけるポジション)を理解することが大事です。

 

3.労働環境がブラック

  • 残業代未支給
  • 休日出勤ありきで過酷な労働を強いられるなど

 

下請けの三次・四次請負であるSIer企業ですと、劣悪な労働環境となりがちです。

なぜなら、下層に位置するSIer企業ほど報酬が親会社にピンハネされます。

 

クライアント

⬇︎仕事を依頼💴💴💴💴💴💴

IT企業(一次請け|元請け)😄

⬇︎一部の仕事を依頼💴💴💴

IT企業(二次請け)😅

⬇︎さらに一部の仕事を依頼💴

IT企業(三次請け)😱

 

最終的に下請けのSIer企業に入る報酬が安くなり、エンジニアへの給与も安くなってしまうんです。

企業の利益を確保するためにも残業代の支給がなかったり、(20時以降の残業のみ支給などと)条件付きで支給されることも多いです。

 

また、下請けのSIerは「下流工程」に携わることが多いです。

「上流工程」での遅れや急な仕様変更などと、無理なスケジュールとなることもあるんです。

「下流工程」では、もうスケジュールを伸ばすことなどできません。

ですから、残業・休日出勤をせざるを得なくなります

 

≫下請けSIer(三次請負以下) のブラック事情

 

4.客先常駐

  • 奴隷扱い
  • 偽装請負など

 

客先常駐」とはエンジニアがクライアント企業に出向き仕事を行うというもの。

「客先常駐」自体においては、やめとけと言われる理由はありません。

 

しかし、客先で仕事をするということは、SIer企業のエンジニアにとっては完全にアウェーな環境です。

 

逆にクライアントにとっては何でも言いやすいと言えます。

なので、無理な仕事を言われたり強圧な態度を取られることもあります。

 

クライアントから言われたことを何でも受けるYESマンな管理者(上司)だと部下は非常に疲れます。

しっかりと意見を言える管理者(上司)の元で仕事をすれば、辛い労働から逃れることができますよ。

 

SIer企業だけどSES事業もしている

SIer企業と言いつつも、実は内部でSES事業もしているIT企業も存在します。

 

ではなぜ「SES」事業もするのかというと、「請負契約」は製品を納品しないことには会社には報酬が入ってきません

 

特に小規模SIer企業など資金繰りに厳しい企業にとっては、会社経営が大変です。

「SES」であれば毎月の報酬がありますので、会社経営に掛かる負担も軽減できるのです

 

しかし「SES」は「偽装請負」というブラックなイメージが蔓延しています。

「偽装請負」とは、クライアントが直接エンジニアに業務の指示命令をすることで「違法」です。

≫業務上の指揮・命令

 

ですが、こうした違法となるSES企業も存在することも事実。

「SES」自体がIT業界のイメージを悪くしている理由の一つなんです。

SESもやっているSIer企業のブラック事情

 

下記にSIerがやばいと言われている理由を解説してます。

ご参考にし、絶対に避けるようにしましょう。

≫【真実】SIerがやばいと言われる理由|やばいSIerの見分け方

 

SIerをやめとけという理由を解説してきましたが、SIerにもメリットがあります。

デメリットも併せて解説していきます。

 

2.SIerメリット・デメリット

SIerのメリット・デメリットは以下のとおり

 

SIerのメリット

  1. 将来性がある
  2. 未経験からなりやすく技術を習得しやすい
  3. 資格取得がしやすい

 

SIerのデメリット

  1. 実際にサービスを使っている様子が見えない
  2. 仕事が受け身になりがち
  3. 新しい技術を得にくい
  4. 客先常駐
  5. 労働集約型のビジネスモデル

 

まずはSIerのメリットから解説します。

 

SIerのメリット

  1. 将来性がある
  2. 未経験からなりやすく技術を習得しやすい
  3. 資格取得がしやすい

 

1.将来性がある

SIerの仕事はBtoB(企業間や公的機関の取引)が多いです。

 

企業経営には業務システムが必要となります。

ビジネス環境も変われば業務システムもそれに対応し、適宜刷新していかなければなりません。

 

そのためにもSIerはなくてはならない存在なんです。

 

 

また、大手SIerは直接クライアントから仕事をもらえますので、継続した仕事の獲得が可能です。

大手なので給与・待遇なども期待できます。

≫ITエンジニアが活躍する大手IT企業の平均年収ランキング50

 

ITコンサルなどのステップアップも可能ですから、外資系IT企業などにも転職できますね。

 

また、中堅SIer(二次請負)も将来性はあると思っています。

 

なぜなら、大手SIerはシステムの導入企画や立案をする以上、実際の開発は外部に委託するしかありません

中堅SIer(二次請負)であれば、その地位を獲得できています。

 

開発にも設計や製造とIT技術に幅広く携わることができたので、転職したい時にも困ることは少ないです。

 

2.未経験から比較的なりやすく技術も習得しやすい

SIerは自社でシステム開発に関するノウハウ(人材)が既にあります。

 

なので、未経験新卒を採用できる余裕もあるんです。

しかも、ノウハウを熟知したエンジニアがいますから、研修制度などもしっかりしています。

 

特定のITスキルや業務知識を得やすいですよ。

分からないことなどあればすぐにでも聞けるので解決も早いです。

 

とはいえ三次請け以降のSIerともなると、教育環境が整っていないことが多いです。

 

研修は親会社に委託したり、エンジニアに聞いても納得できるような答えが返ってこないこともしばしば...

 

3.資格取得がしやすい

SIer企業では資格取得を勧められます。

  • IPAの国家資格(情報系資格試験)
  • 「ORACLE」などベンダー資格

 

資格取得は案件獲得にも有利となるんです。

特にベンダー資格を多く持っている企業はパートナーランクされるため、大手では社員に取得推奨しています。

資格取得は昇進・昇格の要件になっていたりもするので、大手SIerともなれば社員は必死です。

 

また、資格取得するのにも企業が全面バックアップしてくれることも多いです。

 

つまり、資格取得に掛かる費用などは会社が出してくれます。

取得したならば、資格手当として毎月の給与にも加算されます。

 

これからSIerを目指す未経験の方であれば、まずは比較的難易度の低いIPAの「基本情報技術者資格」から学習すると良いですよ。

実際に仕事が始まってしまうと、学習と仕事のどちらもやらないといけないので大変です。

≫プログラマーに資格はいらないが持っておくと有利になる場合もあるという話

≫【基本情報技術者】資格を取得するメリット6つ!キャリアアップや就職・転職にも有利!!

 

無料講座でお試し学習!

基本情報技術者

ポイント

・学習の進め方に迷わない!
・よく出る重要ポイントが押さえられる!
・忙しい時間の中でも効率的な学習が可能!
・スマホやPCで学習できるオンライン講座

 

SIerのデメリット

  1. システムを使っている様子が見えない
  2. 受け身になりがち
  3. 新しい技術を学びにくい
  4. 客先常駐
  5. 多重構造のビジネスモデル

 

1.システムを実際に使っている様子が見えない

実際にシステムを使うのはクライアント企業です。

プロジェクトが完了し納品し終わってからになるので、使っている姿を見ることはなかなかありません。

 

WEB系などであれば、実際に使っているユーザーの口コミやアクセス数などを見て一喜一憂できます。

 

なので、SIerではクライアントの生の声を聞くことが難しく、少々やりがいに欠けることもあります。

 

2.受け身になりがち

SIerでは多くのエンジニアで構成されることが多いです。

組織的に開発を進めて行きますので、とりあえず待っていれば仕事やスケジュールは割り振られます。

 

大手SIerが企画・立案 ➡︎ 中堅SIerが設計・製造 ➡︎ 小規模SIerが一部製造と...

 

特に小規模SIerにもなると、能動的に動けることがほぼありません。

上位で決めたことに従って仕事をしていきます

たとえば、中堅SIerで作成した設計書に従って、小規模SIerがプログラムを作りテストをやっていく流れです。

 

指示を待って、与えられた仕事をスケジュールに従って淡々とこなす感じですね。

 

3.新しい技術を学びにくい

特に中堅以下のSIerに言えることです。

たとえば一度金融系業務に携わると、別クライアントの金融系業務に再び携わることが多いです。

 

経験者であればスムーズに仕事に取り掛かれますし、教育の負担も減って業務的にも効率が良いからです。

 

しかも、請負は「SES」と違って製品が完成しないことには報酬がもらえません。

納期が遅れたり不備があれば損害賠償にもなってしまいます。

 

こうしたリスクも考えると、エンジニアが同じ業務にかた寄ってしまう理由もわかりますよね。

 

また、SIerは新しいトレンド技術よりも既存の安定した技術を使うことが多いです

納期の予測ができたり、安定稼働の実現という目的があるんです。

 

4.客先常駐

クライアント企業へ出向いて仕事をすることもあります。

 

なので、自宅と遠く離れていると通勤が大変です。

また、県外ともなれば一人暮らしとなってしまうので、家族がいる方だと寂しい思いをしてしまいます

 

これは大手から小規模SIerにも言えることです。

 

しかし、仕事を自社へ持ち帰り、打ち合わせや進捗報告時のみクライアントへ行くようなSIerも存在します。

これは銀行などのように大きなシステムではなく、小さな工場などのシステムを開発する中堅のSIerです。

 

とはいえ、会社のセキュリティが十分に整備されていたり、会社自体がクライアントから「信用」されていないとできないことです。

 

5.多重構造のビジネスモデル

当記事で何度も出てきた、元請けSIerをトップとしたピラミッド構造による開発体制です。

 

クライアント

⬇︎仕事を依頼💴💴💴💴💴💴

IT企業(一次請け|元請け)😄

⬇︎一部の仕事を依頼💴💴💴

IT企業(二次請け)😅

⬇︎さらに一部の仕事を依頼💴

IT企業(三次請け)😱

 

クライアントに近い立ち位置だと、報酬が高くシステムの方向性なども決められる重要なポジションです。

 

に下層のSIerですと、報酬も低く過度な労働にもなってしまいやりがいに欠けてしまいます

 

これからSIerを目指したい方は、こうしたピラミッド構造における立ち位置も把握した上で入社しておきたいです。

 

3.SIerをやめた方がいい人

  • 事務的・業務的なシステム(BtoB)には興味がない
  • プログラミングを生涯の職としたい
  • 序列・縄張り主義が嫌だ

 

SIerの仕事は官公庁や企業向けのBtoBシステムが多いです。

会計・金融・保険・生産管理・人事システムなど、開発において普段聞き慣れないビジネス用語が飛び交います。

理解に苦しみ、おもしろさを感じずやりがいに欠けてしまうこともあります

 

また、特に中堅以上のSIerにもなると、開発業務よりも企画や管理業務が増えてきます

大手SIerであれば、プログラミングは皆無といってよいでしょう。

管理業務よりも開発をメインに仕事をしていきたい方は、SIerは避けておいた方がいいですね。

 

さらに、当記事でたびたび出てきた、元請SIerを頂点とするビジネスモデルに不満がある方もSIerはやめておくべきです。

入社するSIerによってやるべき仕事や待遇などはほぼ決まってきます。

 

なので、上記の方はSIerではなく、WEB系や社内SEを目指すことをオススメします。

≫WEB系とSIerを比較|SIerからWEBへ転職した僕の感想

 

とはいえ、いきなり目指さなくてもよいです。

 

下記エージェントを使い、紹介してもらえるSIer以外の企業情報を確認するところからはじめてみましょう。

後悔しない就職をするためには、情報収集はマストですよ

登録すべきIT系転職エージェント

  • 「登録無料」であなたに合った企業を紹介してもらえる
  • 面談・書類など採用率アップのためのフォローアップありで安心
  • 3つほど登録しておけば広く探せて本当に行きたい企業が見つかりやすい(これホント)

\気の合う担当者や多くの求人に出会うためにも3つほど登録しましょう!/


IT/WEB系案件が豊富(〜40代)

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!

\まずはお気軽にご相談!/

【新卒】キャリアのご相談・企業のご提案・条件面交渉などトータルでサポート

IT求人ナビ【新卒】

【新卒】ITエンジニア専門転職エージェント

レバテックルーキー【新卒】

社内SEについてとりあえず情報収集したい方もお気軽に!

社内SE転職ナビ

スキルに自信がないなら最大3ヶ月のIT研修を受けれる!もちろん給与あり!

IT求人ナビ

自社開発案件・高収入案件多い

TechClipsエージェント

転職エージェントは登録しておいて損はありません。むしろ登録しておく方が有名な(非公開)企業の紹介もあるし、こんなスキルが今求められているんだと新たな戦略(目標)を立てることができますよ(実体験)。

あと登録は3つがベスト!エージェントとの相性や幅広く企業が探せるから本当に行きたい企業が見つかります!

 

では、SIerをこれから目指したい方向けに、目的別に「どんなSIerを選べば失敗しないか」を解説していきます。

 

4.目的別に選ぶSIer

  • 中堅SIer|エンジニアにこだわる
  • 大手SIer|ITコンサルを目指したい

 

中堅SIer|エンジニアにこだわる

元請けから直接仕事をもらう「二次請けの中堅SIer」をオススメします。

要件定義・外部設計・内部設計・製造と「上流工程」や「下流工程」にも携われます。

 

元請けSIerが「企画・立案」で、下請けSIerが「下流工程」なのであれば、「二次請けの中堅SIer」はその中間に位置しエンジニアぽい仕事ができます。

 

とはいえ、中堅のSIerがどのような企業なのか外から見てもよわかりません。

SIerかどうかをチェックするにはホームページ等で可能です。

≫SIerかどうか見分け方

また、取引先に元請けと予測される「大手SIer企業名」が記載してあるか確認しておきましょう...

 

しかし、上記を確認しても情報の信憑性がまだまだ不十分です。

下記エージェントを使って、エージェントに聞いてみることで確証が取れて安心して応募できますね

登録すべきIT系転職エージェント

  • 「登録無料」であなたに合った企業を紹介してもらえる
  • 面談・書類など採用率アップのためのフォローアップありで安心
  • 3つほど登録しておけば広く探せて本当に行きたい企業が見つかりやすい(これホント)

\気の合う担当者や多くの求人に出会うためにも3つほど登録しましょう!/


IT/WEB系案件が豊富(〜40代)

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!

\まずはお気軽にご相談!/

【新卒向け】スキルに自信がないなら最大3ヶ月のIT研修を受けれる!もちろん給与あり!

IT求人ナビ【新卒】

【新卒向け】ITエンジニア専門転職エージェント

レバテックルーキー【新卒】

社内SEについてとりあえず情報収集したい方もお気軽に!

社内SE転職ナビ

自社開発案件・高収入案件多い

TechClipsエージェント

エンジニア出身のアドバイザーだからニーズを理解している

レバテックキャリア

転職エージェントは登録しておいて損はありません。むしろ登録しておく方が有名な(非公開)企業の紹介もあるし、こんなスキルが今求められているんだと新たな戦略(目標)を立てることができますよ(実体験)。

あと登録は3つがベスト!エージェントとの相性や幅広く企業が探せるから本当に行きたい企業が見つかります!

 

大手SIer|ITコンサルを目指したい

主にシステムの企画・マネジメントに携わりたい方は「大手のSIer」がオススメ。

 

大手ともなるとクライアントから直接仕事をもらえて、SIerのビジネスモデルの頂点に立てます。

仕事も他の下請けSIerに比べて安定し、給与・待遇なども良いです。

 

今後はITコンサルなどステップアップも可能で「やりがい」もあります。

 

下記エージェントでは非公開案件も紹介してもらえるので、有名な企業にも出会えますよ。

登録すべきIT系転職エージェント

  • 「登録無料」であなたに合った企業を紹介してもらえる
  • 面談・書類など採用率アップのためのフォローアップありで安心
  • 3つほど登録しておけば広く探せて本当に行きたい企業が見つかりやすい(これホント)

\気の合う担当者や多くの求人に出会うためにも3つほど登録しましょう!/


IT/WEB系案件が豊富(〜40代)

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!

\まずはお気軽にご相談!/

【新卒向け】スキルに自信がないなら最大3ヶ月のIT研修を受けれる!もちろん給与あり!

IT求人ナビ【新卒】

【新卒向け】ITエンジニア専門転職エージェント

レバテックルーキー【新卒】

社内SEについてとりあえず情報収集したい方もお気軽に!

社内SE転職ナビ

自社開発案件・高収入案件多い

TechClipsエージェント

エンジニア出身のアドバイザーだからニーズを理解している

レバテックキャリア

転職エージェントは登録しておいて損はありません。むしろ登録しておく方が有名な(非公開)企業の紹介もあるし、こんなスキルが今求められているんだと新たな戦略(目標)を立てることができますよ(実体験)。

あと登録は3つがベスト!エージェントとの相性や幅広く企業が探せるから本当に行きたい企業が見つかります!

 

まとめ|目的に合ったSIerを探そう!

最後に要点をまとめて終わりにします。

 

SIerは「やめとけ」と言われる理由は、目的と違ったSIerに入社するからです。

Sierといっても種類や立場はバラバラです。

 

なので、目的を果たせないSIerに入社してしまい、悩みを抱えてしまうんです

 

また、Sierにはメリット・デメリットもありますし、SIerを避けた方が良い方も事実いらっしゃいます。

 

大事なことは自分の目的などを明確にすること。

それに合ったSIerに所属することでやりがいも生まれ、スキルアップも可能ですよ。

登録すべきIT系転職エージェント

  • 「登録無料」であなたに合った企業を紹介してもらえる
  • 面談・書類など採用率アップのためのフォローアップありで安心
  • 3つほど登録しておけば広く探せて本当に行きたい企業が見つかりやすい(これホント)

\気の合う担当者や多くの求人に出会うためにも3つほど登録しましょう!/


IT/WEB系案件が豊富(〜40代)

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!

\まずはお気軽にご相談!/

【新卒向け】スキルに自信がないなら最大3ヶ月のIT研修を受けれる!もちろん給与あり!

IT求人ナビ【新卒】

【新卒向け】ITエンジニア専門転職エージェント

レバテックルーキー【新卒】

社内SEについてとりあえず情報収集したい方もお気軽に!

社内SE転職ナビ

自社開発案件・高収入案件多い

TechClipsエージェント

エンジニア出身のアドバイザーだからニーズを理解している

レバテックキャリア

転職エージェントは登録しておいて損はありません。むしろ登録しておく方が有名な(非公開)企業の紹介もあるし、こんなスキルが今求められているんだと新たな戦略(目標)を立てることができますよ(実体験)。

あと登録は3つがベスト!エージェントとの相性や幅広く企業が探せるから本当に行きたい企業が見つかります!

 

-システムエンジニア

© 2021 マー坊プロジェクト