freelance Hub

プログラマーを目指す

実体験【freelance Hub】74,000件の案件の中から実際に応募までしてみた

 

freelance Hub(フリーランスハブ)を使ってフリーランスの私にとって得なことあるのかな

案件数や特徴、オススメなところなどを教えて欲しい。

 

本記事を書いている僕は現在WEB系フリーランスとして活動中です。

 

これまで、自分に合ったフリーランス案件を探すのに、複数のエージェントを登録していませんか?

多くのエージェントに登録すればするほど、アカウントや応募方法など異なるので管理するのも大変ですよね

 

しかし、freelance Hub(フリーランスハブ)はこんな悩みは解決します。

freelance Hub(フリーランスハブ)は、さまざまなフリーランスエージェントで扱っている案件を丸っと集めて掲載している案件検索サイトです。

気に入った案件があれば、その場で応募依頼することもできます。

 

本記事ではfreelance Hub(フリーランスハブ)を実際に使った僕の感想(特徴やオススメ、残念なところなど)を書いていきたいと思います。

※件数などの値は2021.9月時点の情報です。

 

1.freelance Hub(フリーランスハブ)の特徴・オススメなところなど

  1. 受けれるサービスはエージェントと同じ
  2. 圧倒的な掲載件数|74,000件
  3. 毎日新鮮な案件が舞い込む
  4. いくつものエージェントに登録しなくていい
  5. 残念なところ|応募後の返答に1〜2週間掛かる

 

順に解説します。

 

1.受けれるサービスはエージェントと同じ

案件検索サイトといっても、受けれるサービスは普通のフリーランスエージェントと同じです。

  • エージェントとのカウンセリング
  • 商談日調整
  • 職歴レビュー・面談対策
  • 商談同行など

 

応募したあとはエージェントが参画まで親身にサポートしてくれますよ。

 

2.圧倒的な掲載件数|74,000件以上

さまざまなフリーランスエージェントから案件を集めてfreelance Hub(フリーランスハブ)に掲載しています。

現在は17件のフリーランスエージェントの案件が掲載されていて、合計案件数はなんと74,000件以上

 

レバテックフリーランスの案件掲載数は5,000件ほどですから、それの約15倍ほどなのでとにかく広く案件が探せます。

 

もういくつもエージェントに登録しなくて済みますよ。

 

3.毎日新鮮な案件が舞い込む

フリーランスエージェントは毎日あたらしい情報が入ってくるとは限りません。

毎日みているといつも同じ案件ばかり...なんの代わり映えもなく飽きてきますよね。

かと言って、他のエージェントに切り替えて見るのも面倒です。

 

でもfreelance Hub(フリーランスハブ)は毎日あたらしい案件がどんどん入ってきます

今日自分に合った案件がなくても、明日、明後日と追加された案件の中に合う案件が見つかるかもしれませんよ。

 

このままいくと、案件数が10万件というモンスターサイトになるかもしれませんね。

 

4.いくつものエージェントに登録しなくていい

これまでに僕が登録したフリーランス向けエージェントの数は6個くらい。

エージェントによっては扱っていない案件もあれば、エージェントの強み・弱みもあります。

なので、幅広くこだわりを持って案件を探そうと思うと、複数のエージェントに登録しないと自分に合った仕事が探せません

 

でもフリーランスエージェントをいくつも登録していると、正直めんどくさいです。

アカウント情報、案件の応募方法などそれぞれ異なっていて、管理するのがものすごく大変です

 

その点freelance Hub(フリーランスハブ)ですと、会員登録は1回だけで、応募方法もワンパターンでカンタンなんです

 

もう突然電話がかかってきて「こんなエージェントに登録してたっけ??」と困惑することもありません。

 

5.残念なところ|応募後のの返答に1〜2週間掛かる

freelance Hub(フリーランスハブ)で、気になる案件があったので早速応募してみました。

 

すると、freelance Hub(フリーランスハブ)から自動返信メールが来て、その内容が...

応募先エージェントからの連絡は1〜2週間掛かる

とのことでした(下図)。

freelance Hub案件応募完了

 

早く働きたい場合、案件の詳しい内容を知れるのが1〜2週間先だと、気持ちが焦って落ち着きません。

 

早めに応募しておくなどしておきたいところです。

 

2.freelance Hub(フリーランスハブ)の使い方

  1. 会員登録|3分ほどで完結
  2. 検索方法|サクッと簡単検索
  3. 応募方法

 

では実際にfreelance Hub(フリーランスハブ)の使い方について解説します。

 

1.会員登録|3分ほどで完結

freelance Hub(フリーランスハブ)にアクセスし、会員登録をします。

≫無料会員登録

 

画面の指示に従って順に進めていけばすぐ終わります。

入力内容はアカウント情報や属性情報、あなたのスキルや経験・希望単価を入力するだけ。

  • メールアドレス
  • ログインパスワード
  • 生年月日
  • 名前
  • TEL
  • お住まい(都道府県)
  • 作業日数(週2、週3...週5)
  • スキル
  • 経験
  • 希望単価

 

びっくりするほどカンタンなものなので、サクッと終わらせましょう。

≫無料会員登録

 

2.検索〜応募方法|サクッと簡単検索・応募

案件の検索はエージェントサイトや転職サイトなどと同じよう一般的な検索ができます。

「使用言語、フレームワーク、職種、リモート有無、単価、フリーテキストも可能」

 

気に入った案件が見つかれば、「この案件について相談する」をクリックすれば応募完了です(下図)。

freelance Hub案件応募

出典:freelance hub

 

しばらくすると、freelance Hub(フリーランスハブ)から応募完了メールが届きます。

 

以降担当エージェントから連絡が入り、カウンセリングや商談日を決めて参画を目指していきます。

 

まとめ

最後に要点をまとめて終わりにします。

freelance Hub(フリーランスハブ)は、さまざまなフリーランスエージェントで扱っている案件を丸っと集めて掲載している案件検索サイトです。

 

freelance Hub(フリーランスハブ)一つで、幅広くあなたに合った仕事を探すことができます。

アカウントも一つで管理し、応募方法もワンパターンですから管理するのもカンタンです。

 

この機会にぜひ、freelance Hub(フリーランスハブ)に無料会員登録し、仕事探しをしてみましょう。

≫無料会員登録

 

-プログラマーを目指す

© 2021 マー坊プロジェクト