プログラマーの仕事内容

プログラマーを目指す

プログラマーの仕事内容を現役エンジニアがわかりやすく解説!

 

プログラマー仕事内容をわかりやすく教えて欲しいな!

その他、プログラマーとして必要なスキルや、向いている人とかも知りたい。

プログラマーに興味があり、未経験でも可能なら挑戦したいんです。

 

本記事の内容

  • プログラマーとは
  • プログラマーの仕事内容
  • プログラマーの種類
  • SEとの違い
  • 向いている人や必要なスキル
  • 辛いところややりがい
  • 未経験からプログラマーを目指す方法

 

本記事を書いている僕は、過去IT企業やWEB会社に勤務、現在WEBフリーランスといて活動中

 

プログラマーの仕事内容はいたってシンプル。

主な作業は「コーディング」といわれる、プログラミング言語を使ってコンピュータに実行させる命令を書いていくお仕事です

 

今回は、プログラマーの仕事内容を具体的に深掘りしつつ、プログラマーに必要なスキルなどを実体験をもとに解説していきます。

 

「プログラマーの仕事内容がよくわからない...」こんな方でも理解できるようにわかりやすく解説していきます。

 

この記事を読み終えると、プログラマーの具体的な仕事内容がわかりどうすれば必要なスキルを身につけられるのか理解できますよ。

 

学ぶ&就職支援が無料!

【ウズキャリIT】

ポイント

・入社後定着率96.8%(2021.6時点)
・ブラックなし!
・20代(第二新卒・既卒・フリーター・新卒)向け
・Java言語の学習ができる!
・キャリア相談、面接対策のサポートが手厚い

 

1.プログラマーとは

  • コーディングが主な仕事
  • SEやプロジェクトマネージャになるための登竜門

 

プログラマーとは、コンピューターを使ってゲームソフトや、WEBサービス、家電制御ソフト、スマホアプリ、企業などの業務システムなどを作っていく職業です。

 

プログラミング言語を使って、コンピュータが動作するよう様々な命令を書き込んでいく「コーディング」が主な仕事となります。

 

また、プログラマーは、SEやプロジェクトマネージャになるための登竜門です。

一般的なIT企業では、最初はプログラマーからはじめ、その後SE、プロジェクトマネージャーとキャリアアップしていきます

 

キャリアアップしていくことで、年収がアップしたり転職も幅広く選ぶことができます

≫プログラマーとSEの年収の違い

 

今後もITニーズの拡大によって、IT市場もさらに拡大していくことが既に予測されています。

プログラマーなどのエンジニアに期待されることも多いです。

≫プログラマーの需要と将来性

 

では、プログラマーの仕事内容について、これから具体的に深掘りしていきます。

 

2.プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容4つ

 

プログラマーの仕事内容は以下の通りです。

 

  1. プログラム設計書作成
  2. コーディング
  3. テスト
  4. バグ改修

 

いわゆる「プログラミング」とは、上記に示す一連の作業のことを言います。

IT企業よりに書いていますが、基本的にはこのような流れで開発することが多かったです。

 

順番に解説していきます。

 

1.プログラム設計書作成

1.プログラム設計書作成

 

  1. プログラム設計書作成
  2. コーディング
  3. テスト
  4. バグ改修

 

プログラム設計書は、上位のSEが作った外部設計(外部仕様書、帳票仕様書、画面仕様書など)をもとに作ります。

 

外部設計とは、クライアントが要求する機能などが書かれた設計書のこと。

 

例えば

「入力フォームがあって、そこに値を入れて送信ボタンを押すと、データ登録やメール送信しますよー」

 

といったことが、エンジニアでなくとも理解できる設計書になっています。

帳票仕様書、画面仕様書なども、クライアント向けの設計書です。

 

一方、プログラム設計書では、外部仕様の各機能をさらに処理レベルにブレークダウンして書いていきます

  • 入力データの処理(日付の妥当性チェック...)を書く
  • アルゴリズム処理(メールを送信する...)を書く
  • データの追加・更新・削除(データベース操作)内容を書くなど...

 

個々の処理を、あらかじめ決められたフォーマットで書いていきます。

機能レベルでの設計書ではないので、クライアントが見ても理解できないです。

書き終えたらSEとレビューをして、設計ミスがあれば修正し完了です

 

しかし、プログラム設計書は、内部設計書(詳細設計書)に代替できるので作らないことも多いです。

 

2.コーディング

2.コーディング

 

  1. プログラム設計書作成
  2. コーディング
  3. テスト
  4. バグ改修

 

プログラム設計書が完成したら、次は「コーディング」です。

プログラミング言語を使って、プログラム設計書通りにコーディング(実装)していきアプリケーションを作ります

 

主なプログラミング言語とその用途は以下のとおり

プログラミング言語 用途
Ruby WEB向け言語
PHP WEB向け言語
Java 大規模業務システム、、Androidアプリ、WEB向け言語
Python AIや機械学習、WEB向けの言語
C++ ゲーム開発、WEB、業務システム向けの言語

この他、HTML、CSS、Javascriptといったマークアップ言語やスクリプト言語もあります。

 

プログラマーとしてコーディングができなければ、お仕事にはできません。

とはいえ、未経験であれば、あれもこれも学習する必要はありません。

 

上記に示したもの以外にも、たくさんのプログラミング言語がありますが、使い方はどれも同じようなものばかりです。

なので、どれか一つをしっかりと学べば、その他の言語を学ぶのも簡単です。

プログラミングは何から始めればいいか
プログラミングの独学は何から始める?|初心者の始める前の準備と心得

続きを見る

 

3.テスト(単体テスト)

3.テスト(単体テスト)

 

  1. プログラム設計書作成
  2. コーディング
  3. テスト
  4. バグ改修

 

コーディングが終われば、作ったアプリケーションがきちんと動作するか、実際に様々な値を入れて動作確認(テスト)をします。

 

しかし、いきなりテストはせず、テスト仕様書を作るところから始めます

 

テスト仕様書作成

テスト仕様書作成

 

テスト仕様書とは、様々な入力値における結果がどうなるべきかを具体的に記された設計書のこと。

 

例えば、

入力画面にメールアドレスを入力し送信ボタンを押したら、きちんと入力したメールアドレス宛にメール送信するか確認する。

逆に、メールアドレスを入力せず、送信ボタンを押したらエラー画面(ポップアップ)を表示するか確認する...

 

プログラム設計書をもとに、起こりうる事象をすべて洗い出し、テスト仕様書にまとめていきます。

書き終えたら、SEとレビューしテスト項目に過不足がないかどうかを確認します。

 

動作確認(テスト)

動作確認(テスト)

 

SEとのレビューが終われば、テスト仕様書通りに実際にデータを投入しながら動作確認(テスト)です。

 

テスト仕様書に書かれている結果が得られなかったら「バグ」として記録していきます。

 

また、動作確認の中で使った入力データや得られた結果は、証跡として残しておくこともあります。

証跡となるものは、入力画面のコピーや、実際の出力帳票、データベースのエクスポートデータなどです。

 

アプリケーションが複雑だと、あらゆる条件下におけるテストをしなければなりません。

なので、テスト仕様書作成にも時間が掛かるし、テスト自体も時間がかかってしまうこともあります。

 

4.バグ改修

4.バグ改修

 

  1. プログラム設計書作成
  2. コーディング
  3. テスト
  4. バグ改修

 

動作確認(テスト)にて、バグ(故障や不具合)が発生した場合には、それを直していかなければなりません

 

単純なバグで、他の機能に影響がない場合だと、すぐに対応できます。

しかし、そのバグを改修するにあたり、影響が広く及ぶものはプログラム設計書から直さないといけないこともあります。

 

また、適度なバグを出すことも必要です

 

もし、バグが一つも出ないとなると、テスト仕様書のテスト項目不足が疑われます。

 

逆にバグが出過ぎると、アプリケーションそのものの品質が疑われます。

ですから、テスト仕様書の再設計や、コーディングを再度見直しということにもなり兼ねません。

 

あらかじめプロジェクト内にて、ある程度のバグ発生率が決められているので、それに見合ったバグ数であれば問題ないです。

 

以上、(一般的な)プログラマーの仕事を、僕の経験から解説してきました。

では次節、プログラマーと混同されがちなSE(システムエンジニア)との違いについて解説していきます。

 

3.プログラマーの種類

  • WEBプログラマー
  • 汎用系プログラマー
  • オープン系プログラマー
  • アプリ系プログラマー

 

プログラマーの種類にも色々あって、使う言語も違えば開発環境も異なります。

とはいえ、プログラマーとしての仕事内容はさほど変わりません

 

なので、あなたがやりたい・興味があるものを選んでくださいね。

下記記事では、種類ごとによく使われる言語やその学習難易度など解説しています。

≫プログラマーの種類4つと初心者におすすめなもの

 

4.プログラマーとSEの仕事内容の違い

プログラマーとSEの仕事の違いは以下のとおり。

職種 主な仕事内容
プログラマー プログラミング
システムエンジニア(SE) 設計書作成

 

上記のとおり、SEは様々なコンピュータサービスを「設計」することが主な仕事です

そしてプログラマーは、SEの作った「設計書」にしたがってコーディングなど「プログラミング」をしていきます。

 

両者とも、様々なコンピュータサービスを開発するエンジニアという点では共通しています。

しかし、担当する職域(お仕事)が違うのです。

 

建築の例でいうならば、建築物の図面など設計する建築士が「SE」で、実際に建築をする大工さんが「プログラマー」ですね。

 

プログラマーとSEの違いについては、下記にて詳しく解説しています。

≫【プログラマーとSEの違い】仕事・年収・求められるスキルを解説

 

5.プログラマーに向いている人はこんな人

向いている人はこんな人

 

プログラマーの仕事をこなしていく中で、プログラマーに向いている人は以下の人です。

  • 探究心がある人
  • コミュニケーション能力がある人

 

プログラマーとして仕事をしていると、プログラム設計書やコーディングでどう実現したら良いだろうかと悩むことがあります。

また、難解なバグなどの対処の仕方に困ることも。。。

 

プログラマーは、思いがけない事象に対し「なぜ?」と根気よく考え、時には他のエンジニアの意見を得ることも大切です。

長くプログラマーとして活躍したり、キャリアアップできる素質となりますよ。

 

私には向いていないかも...

 

そんな方も大丈夫!

最初からコミュニケーションが苦手という方も、プログラマーをしていく中で克服していっていますよ。

プログラマーに向いている人の特徴4つ
プログラマーに向いている人の4つの特徴|実際にいたプログラマーから考察!

続きを見る

 

6.プログラマーとして必要なスキル

プログラマーとして必要なスキル(能力)

 

僕がこれまで20年ほどプログラミングに携わってきた中で感じた、プログラマーとして必要なスキル(能力)は以下3つです。

  1. コミュニケーションスキル
  2. 論理的な思考能力
  3. プログラミング能力(言語知識など)

 

どうやったら身につくのかも解説していきます。

 

1.コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、SEやクライアントとも接していかないといけないので必要なスキルです。

 

SEの作った設計書で疑問を感じたり、間違っている場合に質問等をしなければなりません。

また、クライアントはIT知識がない方も多いので、直接プログラマーに問いかけてくることもあるんです。

 

しかし、特別コミュニケーションに優れている必要もありませんよ。

コミュニケーションをとることに抵抗がなければOKです!

 

コミュニケーションスキルは、プログラマーになってからでも、日々に仕事の中で身についていきますからね。

 

2.論理的な思考能力

プログラマーは「論理的思考能力」が必要です。

 

コーディングの際に、どんなデータが必要で、どんな処理を経て結果に導くか...

あらゆるデータを想定し、各々適切な結果に落とせるようコーディングしなければなりません。

 

しかし、論理的思考力も必ずしも最初から持ち合わせておかなければならないということはありませんよ。

「論理的思考能力」もプログラマーとして活動していく中で身に付いていくものです。

 

3.プログラミング能力(言語知識など)

プログラミング能力は、プログラマーとして欠かせないスキルです

プログラミング能力がないとコーディングすることができませんから、お仕事なんてさせてもらえません。

 

そこで、プログラミング能力を身に付けるのなら、以下の2つのやり方があります。

  • 独学
  • スクールを利用する

 

プログラミングは独学でも十分に学習できますが、学習方法に迷ったり、つまずいたりして「挫折」してしまうことが一番の懸念です

 

プログラミングスキルを身に付け稼ぎたいのであれば、プロの指導を受けれるスクールを利用する方が、圧倒的に手っ取り早いですね。

 

下記は、初心者でも挫折せずにプログラミングを学べる大手のプログラミングスクールです。

「プログラミング学習は、なんだか自信がない...」

こんな方にぜひオススメです!

 

スクール選びに失敗しない!

流行りのWEB系全般のスキルが身につく
学ぶだけでない!一人で作れる実践的スキルが得られる!!
メンター(指導者)がいるから悩みは即解決!挫折しない!!


テックアカデミー無料体験

オススメポイント

・1週間の無料体験あり!
・スカウトが来る!?転職サポート付き
・通過率10%で選ばれた現役エンジニアがメンター(指導者)
・PHP/Python/Java/AI/アプリなど学びたい言語・コースが選べる!
\無料体験すれば合うかどうか分かるはず!/

DIVE INTO CODE

オススメポイント

・1週間の無料体験あり
・なりたいエンジニアへのロードマップがある
・月額制だからいつでも退会可能
\無料体験すれば合うかどうか分かるはず!/

DMM WEBCAMP

オススメポイント

はじめてのプログラミングコース、WEBアプリ開発コース(Rails)
・万一満足いかなかった場合には全額返金保証
・最大5万円のキャッシュバックあり!
・未経験でも1〜2ヶ月で集中して一気に学べる!
\具体的な学習内容が分かる!/

プログラミングスクールは一般的に高額です。
メンターが合わなかったり、学習についていけなかったりするとそれは非常にもったいないこと。
「後悔」しないスクール選びにつなげるためにも「無料体験」など受けれるスクールを厳選しています。
きちんと学習でき一人前のエンジニアになれれば、就職後たった1、2ヶ月ほどで元(受講料)は回収できますよ。

無料スクールのご紹介!

0円スクール

ゼロスクール

オススメポイント

・なんと!ゼロ円で未経験からプログラミングが学べる(退会による違約金等なし)!
・Java/HTML/SQLなどの基礎からアプリ開発までを3ヶ月で学べる!
・就職支援で企業紹介あり!

 

7.プログラマーの辛いところややりがい

辛いところややりがい

 

  • バグがなかなか直せない
  • 思った通りに動作しない
  • お客さんの要望が頻繁に変わり過ぎ
  • スケジュールがあまりにも短いことも

 

作ったプログラムに問題を抱えてしまうと、一日中悩んでその日が終わることもありました。

また、決まった仕様にも関わらず、急な仕様変更があったり残業をしてまで対応する必要があるんです

 

ですが、悩みに悩んで解決できたり、新しいスキルを身につけられるとすごく嬉しい気持ちになります。

さらに、無事納品した後にお客さんの感謝の声を聞くと「やりがい」にもなりました。

 

未経験からだと辛いこともあります。

ですが、それに耐えて乗り越えていくことで、プログラマーとしてのやりがいを感じていくはずです。

プログラマーのやりがい
プログラマーのやりがい・魅力|やりがいを感じる一瞬の感動がたまらない!

続きを見る

 

8.未経験からプログラマーを目指す方法

未経験からプログラマーを目指す方法

 

  1. 未経験新卒入社する
  2. プログラミングスキルを身につけて採用してもらう

 

新卒の方ですと、未経験であってもIT企業に採用されやすいです

プログラミング知識ゼロでも、プログラマーなどエンジニアとして入社時に必要な知識・技術を手早く実践的に学べます

 

僕も未経験で入社した時、OJTと言われる手法で、先輩・上司が実務を通じて仕事を教えてくれましたよ。

実践的だから、学ぶのに効率がいいからスキルアップも早いです!

 

また、既卒未経験の方がプログラマーを目指すのであれば、実践的な「スキルや経験」が求められます

プログラマーになるには「学歴」は関係ありませんが、「年齢」は関係してきます

IT企業では20代でプログラマーとして、30代からはSEとして活躍していくのが一般的です。

 

ですから、プログラミングスキルは絶対に身につけておきたいところです。

 

とはいえ、スキルだけ得ても、実践的なスキルが不足しているので企業に採用してもらえる可能性は低いです。

なので、以下の転職を支援してくれるプログラミングスクールで学ぶことをオススメします。

 

全額返金制度あり!

DIVE INTO CODE Webエンジニアコース転職達成プログラム

ポイント

・学ぶだけでない!就職までできる!
・未経験・30代でも本気ならITエンジニアになれる!
・挫折を避け最短距離でITエンジニアになれる!
・自社開発企業への就職率が圧倒的に高い!
\やりたいことの実現はここから始まる!/

56万円が手元に戻る!

▶︎DMM WEBCAMP 転職コース専門技術講座

ポイント

・56万円が教育訓練給付金で返ってくる!
・転職サポート付き!
・現役エンジニアのメンターが頼れる存在!
・WEBプログラミングスキル + 希少なAI、クラウドスキルが得られる

 

まとめ|プログラミングは学んでおこう!

プログラマーのお仕事内容について解説してきました。

 

プログラマーのお仕事は、基本的に以下の形で進めていきます。

IT企業とWEB会社でも、基本的にこの流れは変わりません。

  1. 【プログラム設計書作成】
  2. 【コーディング】
  3. 【テスト】
  4. 【バグ改修】

 

とはいえ、プログラマーはコーディング能力だけでなく、コミュニケーション能力や論理的思考力も必要です。

でもこうしたスキルは、プログラマーとして活動する中で身につけられます。

 

また、プログラマーとして辛いこともあるのも事実。

  • バグがなかなか直せない
  • 思った通りに動作しない
  • お客さんの要望が頻繁に変わり過ぎ
  • スケジュールがあまりにも短いことも

 

ですが、辛いことを乗り切ることで「達成感」「やりがい」を感じることができるはずです。

 

さらにプログラマーは、SEやプロジェクトマネージャーとキャリアップするための登竜門です。

キャリアアップすることで年収もアップし「やりがい」もあります。

プログラマースキルに加えて、SEスキルもあると転職には困りません。

 

なので、これからプログラマーになりたい方は、ぜひ目指すことをおすすめします。

まずは、プログラマーとして絶対に必要なプログラミングスキルをつけるところから始めましょう。

 

スクール選びに失敗しない!

流行りのWEB系全般のスキルが身につく
学ぶだけでない!一人で作れる実践的スキルが得られる!!
メンター(指導者)がいるから悩みは即解決!挫折しない!!


テックアカデミー無料体験

オススメポイント

・1週間の無料体験あり!
・スカウトが来る!?転職サポート付き
・通過率10%で選ばれた現役エンジニアがメンター(指導者)
・PHP/Python/Java/AI/アプリなど学びたい言語・コースが選べる!
\無料体験すれば合うかどうか分かるはず!/

DIVE INTO CODE

オススメポイント

・1週間の無料体験あり
・なりたいエンジニアへのロードマップがある
・月額制だからいつでも退会可能
\無料体験すれば合うかどうか分かるはず!/

DMM WEBCAMP

オススメポイント

はじめてのプログラミングコース、WEBアプリ開発コース(Rails)
・万一満足いかなかった場合には全額返金保証
・最大5万円のキャッシュバックあり!
・未経験でも1〜2ヶ月で集中して一気に学べる!
\具体的な学習内容が分かる!/

プログラミングスクールは一般的に高額です。
メンターが合わなかったり、学習についていけなかったりするとそれは非常にもったいないこと。
「後悔」しないスクール選びにつなげるためにも「無料体験」など受けれるスクールを厳選しています。
きちんと学習でき一人前のエンジニアになれれば、就職後たった1、2ヶ月ほどで元(受講料)は回収できますよ。

無料スクールのご紹介!

0円スクール

ゼロスクール

オススメポイント

・なんと!ゼロ円で未経験からプログラミングが学べる(退会による違約金等なし)!
・Java/HTML/SQLなどの基礎からアプリ開発までを3ヶ月で学べる!
・就職支援で企業紹介あり!

 

 

-プログラマーを目指す

© 2021 マー坊プロジェクト