プログラマーの仕事がなくなるのか

プログラマーを目指す

AIによりプログラマーのなくなる仕事とその他の脅威|目指すべきキャリアはSE

 

プログラマー仕事AIに奪われなくなる...」と聞きます。

プログラマーの将来性ってどうなの?

このまま目指してもいいのかな?

 

本記事の内容

  • AIによってなくなるプログラマーの仕事
  • AIにできることやAIの将来性について
  • プログラマーの仕事がなくなるその他の脅威
  • 目指すべきキャリアはSE

 

本記事を書いている僕は、過去にIT企業やWEB会社を経験し、現在はWEB系フリーランスとして活動中。

 

AIが台頭してもプログラマーの仕事は全てなくなりません

プログラマーの仕事はある程度AIが代わってやってくれるということ。

 

今はまだプログラマーとして活躍していくことは可能です。

それにプログラマーはSEやプロジェクトマネージャーになるためには通るべき道です。

なので、積極的にプログラマーを目指せばOKです

 

とはいえ「ノーコード(NoCode)」といったプログラミング不要でサービスが作れる仕組み(ツール・サービス)も生まれています。

また、開発の仕事が海外へ流出する動きもあるのも事実。

 

プログラマーの仕事が少しづつなくなっている感覚は否めません

 

本記事では、今後AIによって奪われるプログラマーの仕事やその他の脅威をあきらかにし、目指すべきキャリアをお話していきます。

 

無料スクールのご紹介!

0円スクール

ゼロスクール

オススメポイント

・なんと!ゼロ円で未経験からプログラミングが学べる(退会による違約金等なし)!
・Java/HTML/SQLなどの基礎からアプリ開発までを3ヶ月で学べる!
・就職支援で企業紹介あり!

 

1.AIによってなくなるプログラマーの仕事

結論、AI時代のプログラマーの仕事

 

プログラマーの仕事のうち、AIがすることになるであろう仕事は以下の通り。

  • プログラミング設計書作成➡︎AIの仕事
  • コーディング作業➡︎AIの仕事
  • テスト実施➡︎AIの仕事
  • 各工程での成果物のレビュー➡︎プログラマーの仕事

※バグ回収は設計書が間違っていないとありえない。

 

上記の通り、プログラマーの仕事は、AIが作った成果物のレビューだけだと考えます

 

つまり、プログラマーの仕事はプログラムの品質チェック(検品)のみになるというのが僕の考えです。

 

今のプログラマーの仕事はほぼAIによって奪われるということです。

では、その根拠をこれから一つづつ解説していきます。

 

1.プログラミング設計書➡︎AIの仕事

1.プログラミング設計書

 

プログラミング設計書(内部設計書)作成は、AIでできる仕事です

事実、実際に設計書の作成はAIによる自動化が実現されています。

 

プログラミング設計書は、SEの作った外部仕様書をもとに、処理レベルまでブレークダウンして作るもの。

外部仕様書をある決まった法則に則って書いてしまえば、プログラミング設計書の作成はAIで可能です

 

例えば、外部仕様書に、

「...フォームに入力されたメールアドレスに対し、完了メールを送信する...」と記載されているとする。

これをAIで処理すると、出来上がったプログラミング設計書には、メール送信する関数やクラス、引数なども記述してくれそうですよね。

 

AIが設計書を作成してくれることにより、プログラマーによる記述ミスや、必要な関数やクラスなどを探す手間が省けますね

 

2.コーディング➡︎AI

2.コーディング

 

コーディングはプログラミング設計書があれば、AIがやってくれそうです

変数定義や処理ロジックを組み込むことなど、人間がタイピングするより早いです。

 

もちろん記述ミスなどもないため、文法エラーもないでしょう。

時間的にも品質的にも、AIにプログラミングを任せることで、効率のよい仕事となっていくと言えます。

 

3.テスト➡︎AI

3.テスト

 

テストは、テスト仕様書に基づいて実施していくだけですから、AIによって可能です

 

テストはまず、テスト仕様書を作ります。

テスト仕様書のもととなるものは、プログラミング設計書です。

 

そもそも、プログラミング設計書はAIが作りますから、テスト仕様書もAIで作れるはず。

ループ回数や、例外処理なども設計書に書いておけば、限界値・中央値試験も網羅されます。

 

テストに掛ける時間を削減できること、何よりも試験項目漏れを防ぐことができることがメリットですね

 

4.バグ回収➡︎検証はプログラマー

4.バグ回収

 

そもそも、AIが設計書通りにコーディングしますから、基本的にバグは発生しないでしょう

もしバグがあるとすれば、プログラミング設計書の内容です。

 

外部設計書の内容を的確に理解できず、誤った内容でプログラミング設計書が出来上がった可能性があります。

記述上あいまいな表現になってしまうと、AI でもどう設計したら良いかわかりません。

 

例えば、「決済データが決済予定データと一致した場合、決済済みフラグを立てて更新する」

という記述は人間であれば「フラグを1にする」という暗黙のルールがあります。

 

しかし、AIには判断できますでしょうか?

いくら優秀なAIとはいえ、人間のような暗黙のルールは作れない未熟者なんです。

 

ですから、各工程において、プログラマーによるレビュー(検証)は必要ですよね。

 

AIの登場により、プログラマーのなくなる仕事をご紹介しました。

次節、現在のAIにできることなどを解説していきます。

 

2.AIにできることやAIの将来性について

現在のAIの仕事は、人間(プログラマー)では不可能な仕事や面倒だと思う仕事、非効率な仕事に限られます。

 

逆に言えば、プログラマーにとっては便利になるだけでなく、もっと速く正確にミスのないモノづくりが可能となるのです。

 

つまり、AIには、製品を早くかつ高品質に仕上げるための補助的な役割があると思ってもらってOKです。

 

現在のAIにできること

現在のAIにできること

 

現在のAIは、人間がかき集めてきた膨大なデータをもとに、最適なパターンを選ばせることしかできない仕組みです。

 

人間では不可能に近い(もしくは時間がかかり非効率な)仕事をやってくれるだけ、ということに過ぎません。

 

ですから、AIがした仕事の妥当性はAIでは判断できません。

人間、すなわちプログラマーなどのエンジニアの検証が必要なのです

 

現在のAIは、人間(プログラマー)の仕事をサポートする、機械的な反応しかしないシステムだということです。

 

未来のAI

未来のAI

 

おそらく、プログラマーの仕事がなくなるのは「未来のAI」が開発された時です。

 

想像して欲しいのは「ドラえもん」です。

 

現在のAIと何が違うかというと、相手(人間)の心理や気持ちを読み取ることができるのです。

要するに「知性」を持ちます。

 

例えば「ドラえもん」はのび太が泣いて帰ってきたときに、誰にいじめられてどんな道具を貸せば良いか分かっています。

「ドラえもん」のような「知性」をもつAIロボットが開発されたら、AIはもう人間の存在は邪魔ですよね。

なぜなら、自分たちは人間に支配されていることに気づきますから「ターミネーター」のように、人間を滅ぼす存在になるかも...

 

また、AIが自分より優れたAIを自身で作ったりと人間の思考を超えていくことも...

もはやSFの世界ですから、想像がつきませんよね。

 

ですが、「ドラえもん」のような「知性」をもつAIの開発や実用化は、まだまだ先の話です

 

話は戻しますが、現在のAIでは、プログラマーの仕事は全て奪われません

人間の仕事をサポートするだけの、いわば人間が楽して仕事するための有能なシステムというものです

 

3.プログラマーの仕事がなくなるその他の脅威

プログラマーの仕事がなくなる脅威はAIだけではありません。

  1. プログラミング不要のツール・サービスの出現
  2. 開発のオフショア化

 

順に解説していきます。

 

1.プログラミング不要のツール・サービスの出現

ノーコード

 

AIの話よりも前に、実はもう既にプログラミングが不要でWEBサービスが作れる手法も生まれているんです。

 

その一例が「ノーコード(NoCode)」と呼ばれるプラットフォーム。

  • Glide
  • Adalo
  • Bubble
  • Airtableなど

 

その他「WordPress」や「wix」もプログラミングを知らなくてもブログ/ホームページが作れますよね。

 

つまり、エンジニアに頼らずとも作りたいWEB上のサービスが作れてしまうんです

 

実はプログラマーの仕事がなくなる脅威が既にもうあるのです。

 

具体的なサービス

具体的には、以下のようなアプリが「ノーコード(NoCode)」で作られ、市場に存在しています。

 

 

SPOTTO

SPOTTO

yuto tanaka無料posted withアプリーチ

 

作り方はビジュアルプログラミングをイメージしてもらえるとわかりやすいです。

 

必要なプロパティ(メニューやボタン、一覧表示など)をマウス操作などで追加していくものなのでカンタンです。

 

ノーコード(NoCode)で作るメリットとデメリット

ノーコード(NoCode)で作るメリットは以下のとおり。

  • プログラミングができなくてもWEBアプリ・サービスができる
  • 仕上がりが早い
  • 開発費用もそれほど掛かりません(「WordPress」は無料で使えます)
  • コーディングしないのでバグがないなど...

 

とはいえ、こうした「NoCode」や「WordPress」などのツール(サービス)にもデメリットがあります。

 

ツール(サービス)で「実現できることと」「実現できないこと」があるということ。

 

作ったものの独自の機能が実装できずに100%の満足度とはいかないこともあります。

 

なので「WordPress」では、独自のサービスを作るためにプログラミングスキルのあるプログラマーに依頼することが多いです。

レバテックフリーランス案件-1024x460

出典:レバテックフリーランス

 

自由自在にカスタマイズできるプログラミングスキルを持っておく必要があります。

 

2.開発のオフショア化

プログラマーの仕事がなくなるというよりも、海外エンジニアに仕事が奪われるというものです。

 

なぜなら、海外のプログラマーの方が日本のプログラマーよりも「安い」単価で仕事をやってくれるからです。

≫開発のオフショア化

 

同じ製品を作るのであれば、できるだけ安く済ませる方へ発注することは自然なことですよね。

 

クライアントから発注したいと思ってもらえるようになるには、製品に付加価値をつけ差別化を図らないといけません。

 

そのためには、プログラマーとしての高い技術力を身につけておく必要があります。

 

5.目指すべきキャリアはSE

プログラマーのままではダメ!キャリアアップを目指すべき!!

 

プログラマーのままでいては、AIに仕事を奪われるのは確実です。

また、「ノーコード」のようなプログラミング不要で作れるサービスも出てくる可能性だってあるんです。

 

ですから、ゆくゆくはプログラマーの上位であるシステムエンジニア(以下SE)を目指しましょう

 

SEを目指す

SEの仕事

 

SEであれば、AIに奪われる仕事は今のところ見当たりません

≫SEの仕事が将来なくなるって本当!?|生き残るための将来設計

 

具体的に言うと、SEの作る外部設計書というのは、クライアントとの打ち合わせからできるもの。

 

人間の表情や感情を読み取ったり、コミュニケーションはAIでは不可能です。

 

SEともなればAIに奪われる仕事もないですから、長くITエンジニアとしても活躍可能です

関連記事【プログラマーとSEの違い】仕事・年収・求められるスキルを解説!【経験談】

 

SEになるためにも、プログラマーとしての経験は必須ですよ。

≫システムエンジニアに必要なスキルと身に付け方|プログラミングは必要!

 

アイデアや創造を生み出すのは人間でしかできない

アイデアや創造を生み出すのは人間でしかできない

 

前述したように、現在のAIは人間が過去の経験から作り上げた膨大なデータからの取捨選択しかできません。

 

要するに経験則ありきで、AIが動いているのです。

 

しかし、これまでにないアイデアや創造を生み出すのは人間でしかできません

 

たとえば「テレビ」というモノや「ウーバーイーツ」というサービスは人間のアイデアから生まれたものです。

 

同じようにクライアントの悩みを解決していく手段は、人間でないと創造することはできません。

 

そうした意味からも、クライアントに近い位置で仕事をするSEを目指すべきです。

 

まとめ|まずはプログラマーを目指そう

最後に要点をまとめて終わりにします。

 

プログラマーの仕事のうち、AIがすることになるであろう仕事は以下の通り。

  • プログラミング設計書作成➡︎AIの仕事
  • コーディング作業➡︎AIの仕事
  • テスト実施➡︎AIの仕事
  • 各工程での成果物のレビュー➡︎プログラマーの仕事

 

プログラマーの仕事は製品(納品物)チェックくらいになってしまいます。

とはいえ今のAIでは上記のことはまだできないので、当分はプログラマーとして活躍できます。

 

しかし、プログラマーの仕事がなくなる脅威はAIだけではありません

  1. プログラミング不要のツール・サービスの出現
  2. 開発のオフショア化

 

いつまでもプログラマーのままでいては、プログラマー自体の存在も危ぶまれます

ですから、上位のSEといったエンジニアを目指すことでIT技術の分野で長く活躍できます。

 

まずは、ITエンジニアの最初のステップであるプログラマーからスタートしましょう。

スクール選びに失敗しない!

流行りのWEB系全般のスキルが身につく
学ぶだけでない!一人で作れる実践的スキルが得られる!!
メンター(指導者)がいるから悩みは即解決!挫折しない!!


テックアカデミー無料体験

オススメポイント

・1週間の無料体験あり!
・スカウトが来る!?転職サポート付き
・通過率10%で選ばれた現役エンジニアがメンター(指導者)
・PHP/Python/Java/AI/アプリなど学びたい言語・コースが選べる!
\無料体験すれば合うかどうか分かるはず!/

DIVE INTO CODE

オススメポイント

・1週間の無料体験あり
・なりたいエンジニアへのロードマップがある
・月額制だからいつでも退会可能
\無料体験すれば合うかどうか分かるはず!/

DMM WEBCAMP

オススメポイント

はじめてのプログラミングコース、WEBアプリ開発コース(Rails)
・万一満足いかなかった場合には全額返金保証
・最大5万円のキャッシュバックあり!
・未経験でも1〜2ヶ月で集中して一気に学べる!
\具体的な学習内容が分かる!/

プログラミングスクールは一般的に高額です。
メンターが合わなかったり、学習についていけなかったりするとそれは非常にもったいないこと。
「後悔」しないスクール選びにつなげるためにも「無料体験」など受けれるスクールを厳選しています。
きちんと学習でき一人前のエンジニアになれれば、就職後たった1、2ヶ月ほどで元(受講料)は回収できますよ。

 

 

-プログラマーを目指す

© 2021 マー坊プロジェクト