プログラマー残業時間

プログラマーを目指す

プログラマーの残業が多い理由|減らす方法や残業が少ない会社の見分け方

 

プログラマーになりたいけど残業時間はどれほどのなの?

色々調べてみると、

「月の残業時間100時間以上」

「長時間に及ぶ残業の毎日...家にも帰れず体がキツイ」

などの口コミがあって、正直気持ちが前に進みません。

 

本記事の内容

  • 残業が多くなる理由
  • 残業を減らす方法
  • 残業があまりなさそうな会社の見分け方

 

本記事を書いている僕は、これまでIT企業やWEB会社に勤務、現在WEBフリーランスとして活動中。

 

結論を言うと、全てのプログラマーが残業が多いとは言えません。

残業が多い人もいますし、自力で残業を少なくすることもできます

 

本記事は、プログラマーの残業が多くなる理由を明らかにし、残業を減らせる方法などをご紹介していきます。

 

過酷な残業やノー残業を経験した、僕の実体験に基づいた内容になっています。

 

スクール選びに失敗しない!

流行りのWEB系全般のスキルが身につく
学ぶだけでない!一人で作れる実践的スキルが得られる!!
メンター(指導者)がいるから悩みは即解決!挫折しない!!


テックアカデミー無料体験

オススメポイント

・1週間の無料体験あり!
・スカウトが来る!?転職サポート付き
・通過率10%で選ばれた現役エンジニアがメンター(指導者)
・PHP/Python/Java/AI/アプリなど学びたい言語・コースが選べる!
\無料体験すれば合うかどうか分かるはず!/

DIVE INTO CODE

オススメポイント

・1週間の無料体験あり
・なりたいエンジニアへのロードマップがある
・月額制だからいつでも退会可能
\無料体験すれば合うかどうか分かるはず!/

DMM WEBCAMP

オススメポイント

はじめてのプログラミングコース、WEBアプリ開発コース(Rails)
・万一満足いかなかった場合には全額返金保証
・最大5万円のキャッシュバックあり!
・未経験でも1〜2ヶ月で集中して一気に学べる!
\具体的な学習内容が分かる!/

プログラミングスクールは一般的に高額です。
メンターが合わなかったり、学習についていけなかったりするとそれは非常にもったいないこと。
「後悔」しないスクール選びにつなげるためにも「無料体験」など受けれるスクールを厳選しています。
きちんと学習でき一人前のエンジニアになれれば、就職後たった1、2ヶ月ほどで元(受講料)は回収できますよ。

 

1.プログラマーの残業の実態

1.プログラマーの残業の実態

 

プログラマーの残業の実態について解説していきます。

  1. 公的データから見るプログラマーの残業の実態
  2. 実際のプログラマーの残業実態

 

はじめに、厚生労働省が調査し公表した公的資料から、プログラマーの残業の実態を見てみましょう。

 

1.公的データから見るプログラマーの残業の実態

1.公的データから見るプログラマーの残業の実態

 

下記、2018年に厚生労働省が調査し公表した、IT企業「1年間の月間平均残業時間の実態」調査結果です。

  • 「20時間未満」のIT企業は49%
  • 「40時間以上」のIT企業はわずか2%

※IT企業全体の結果なので、SEやコンサルタントも含んでいますが、プログラマーの残業時間と読み取ってもさほど差はないです。

参考:>>IT業界の働き方・休み方の推進

 

約半数のIT企業での残業時間は「月20時間程度」だということがわかります。

1日にして1時間ほどの残業時間です。

また「40時間以上(1日2時間以上)」のIT企業はたったの2%しかありません。

 

ですから、厚労省の資料によれば、残業時間においてはプログラマーはそんなに過酷な働き方はしていないということです。

一部の少数企業では「40時間以上の残業時間」ですが、40時間と見ても1日2時間程度ですから、過酷というまでもありません

 

では、実際のプログラマーの残業実態はどれほどなのか、次節で解説していきます。

 

2.実際のプログラマーの残業実態

2.実際のプログラマーの残業実態

 

僕が17年間でどのくらい残業をしたのかざっくりというと、

月平均0時間〜160時間

ほどです。

 

かなり振り幅が大きいです。

残業を全くしない時もあれば、曜日感覚がなくなるくらいにまで休日出勤や残業漬けの日々を送ることも...

(160時間ともなれば、毎日深夜23時や24時までの仕事に加えて、休日出勤で休みがない月もありました)

 

また、先ほどの厚労省の公表結果だと、わずか2%のIT企業で残業時間が「40時間以上」とのことでしたよね。

しかし、僕も含め「40時間以上」の残業経験を持つ人は少なくないんです。

 

では、そもそもなぜプログラマーは残業が多くなるのでしょうか? 次はその理由を解説していきます。

 

2.なぜプログラマーは残業時間が多くなるのか

2.なぜプログラマーは残業時間が多くなるのか

 

プログラマーの残業が多くなる理由は以下のとおり。

  1. クライアントの仕様変更が多い
  2. プロジェクトが人手不足
  3. スケジュールが逼迫
  4. 見積もりがあまい
  5. プログラマーのスキル不足

 

順番に解説していきます。

 

1.クライアントの仕様変更が多い

最初に仕様を決めて開発してきたものが、途中で変更されることもあります。

変更となってしまうと、もう一度設計書やソースコードの修正をしないといけません

 

しかし、サービス開始日は当然決まっているわけですから、スケジュール変更は基本的に許されません。

あらかじめ決められたスケジュールの中でやらないといけませんので、当然残業となってしまうんです。

 

仕様変更が多くなるのは、最初の検討(要件定義)が十分でないこと、

また、実際に作ったものが想像したものとは違ったことによることが多いです。

 

最初の検討段階で打ち合わせるのは、SEやプロジェクトマネージャーなどの仕事です。

 

優秀なSEやマネージャーであれば、十分な検討をしてくれて無駄な仕様変更も避けられます。

変更があったとしても次期開発にしてもらうなど、プログラマーなどエンジニアのことを考えて交渉してくれますよ。

 

2.プロジェクトが人手不足

開発工数に対する人材(プログラマー)を十分に確保できなかった時です。

つまり参入したプログラマーは、人手不足の状態で開発を進めていかなければなりません

 

一人のプログラマーが1か月で行うことのできる作業量 (工数) を表す単位として「人月」があります。

 

普通ならば1人月160時間(1日8時間の20日労働)の作業時間で見積もります。

 

ですが人手不足ですと、一人あたり1.2人月とか1.5人月で仕事をしていかないといけないことになるんです。

1.2人月だと残業時間は月平均1.5時間ほどで、1.5人月だと月平均2時間にもなってしまいます。

 

とはいえ、人手不足かどうかなんて、実際にプロジェクトに参入してみないことにはわかりません。

SIer業界のプログラマーであれば「案件ガチャ」の運に任せるしかありませんね。

 

3.プロジェクトのスケジュールが逼迫

開発が後半「下流工程」に差し掛かる頃になると、スケジュールを意識し始めます。

 

プロジェクト初期「上流工程」の頃は、スケジュールに余裕がありますから仕事ものんびりになりがちです。

≫「上流工程」の時期はスケジュールに余裕がある

 

しかし、プログラマーはプログラミングなど「下流工程」が主な仕事です。

開発前半「上流工程」で遅れがあった場合には、「下流工程」でその遅れを取り戻さなければなりません

また、「上流工程」で追加の機能があった場合にも、その機能を付け加えていく必要があります。

 

プログラマーはスケジュールが少ない中での遅れを取り戻し」たり「追加機能の実装」をしていかないといけない場合もあるんです

 

とはいえ、スケジュールのお尻(終了日)は決まっています。

ですから、人(プログラマー)の補充がない限り、そのプロジェクトのプログラマーだけでこなすことになるんです。

 

4.開発規模の見積もりがあまい

  • プログラマーの人数
  • スケジュール

 

上記、開発規模に見合っていないとプログラマーなどのエンジニアは残業となってしまいます。

本来なら開発に半年掛かるものを誤って、本来より短い期間とすると一人あたりの仕事量は増えます

 

ですが、開発規模を見積もるのはSEやプロジェクトマネージャーなどの仕事です。

優秀なSEやプロジェクトマネージャーであれば、見積もり誤りなどは発生しませんよ。

 

これまで、プログラマーの残業が多くなる理由について4つを解説しました。

  1. クライアントの仕様変更が多い
  2. プロジェクトが人手不足
  3. スケジュールが逼迫
  4. 見積もりがあまい

 

残業が多くなるかどうかは、クライアントや自社(管理者)次第だということがわかります。

 

なので、良いクライアントであるか、質の高いプロジェクトマネージャーでないと残業は多くなりがちです。

 

では最後の一つを解説します。

 

5.プログラマー自身のスキル不足

3.プログラマーのスキル不足

 

プログラマーのスキル不足も残業が多くなる原因の一つです

 

スケジュールがあらかじめ決められていますから、それに間に合わないとなると残業は避けられません

 

ですが、逆を言えばスキルがあるプログラマーだと残業も避けられます。

 

たとえ人手不足なプロジェクトやクライアントの急な仕様変更があったとしても、スキルさえあれば少しの残業で済ませられます。

 

プログラミングスキルさえあれば、ある程度の障害(支障)があっても過酷な残業は避けることはできるのです

 

また、先輩・上司に質問するコミュニケーション能力もプログラマーにとって必要なスキルです。

いつまでも一人で考え込んでいるよりは、誰か有識者に聞く方が圧倒的に解決が早いです。

 

プログラマーのスキルアップはあなたがやろうと思えばいつでもできること。 唯一自力で残業を回避できる方法ですね。

 

では次節より、具体的にプログラマーの残業を回避する方法について解説していきます。

 

3.プログラマーの残業を減らす方法

3.プログラマーの残業を減らす方法

 

プログラマーの残業を減らす方法は以下2つ

  1. プログラミングスキルを身につける
  2. コミュニケーションスキルを身に付ける

 

残業となる理由がクライアントや会社(管理者)によるものだとしても、プログラマー自身のスキルが高ければ、必要最低限の残業で済みます

 

少なくとも過酷な残業は避けられるはずですし、ノー残業で帰ることも可能ですよ。

 

1.プログラミングスキルを身につける

1.プログラミングのスキルアップ

 

プログラミングスキルを身につけることで、自身の仕事を自分でこなすことができます

 

例えば、エラー改修方法や環境構築などわからなければ残業の原因ともなります。

考え込んだり調べたりしていると、時間ロスとなってしまうからです。

 

ですが、自分自身できちんと解決できるようになれば、仕事も早く終えることができます

 

また、急な仕様変更があったとしても、即対応することができますから時間は掛かりません。

 

プログラミングスキルさえあれば、ある程度の障害(支障)があっても過酷な残業は避けることはできるのです

逆にスキルがないと自力での解決に時間が掛かるし、その上タイトなスケジュールともなれば過酷な残業となります。

 

なので、絶対にプログラミングスキルは持っておくべきです。

 

スクール選びに失敗しない!

流行りのWEB系全般のスキルが身につく
学ぶだけでない!一人で作れる実践的スキルが得られる!!
メンター(指導者)がいるから悩みは即解決!挫折しない!!


テックアカデミー無料体験

オススメポイント

・1週間の無料体験あり!
・スカウトが来る!?転職サポート付き
・通過率10%で選ばれた現役エンジニアがメンター(指導者)
・PHP/Python/Java/AI/アプリなど学びたい言語・コースが選べる!
\無料体験すれば合うかどうか分かるはず!/

DIVE INTO CODE

オススメポイント

・1週間の無料体験あり
・なりたいエンジニアへのロードマップがある
・月額制だからいつでも退会可能
\無料体験すれば合うかどうか分かるはず!/

DMM WEBCAMP

オススメポイント

はじめてのプログラミングコース、WEBアプリ開発コース(Rails)
・万一満足いかなかった場合には全額返金保証
・最大5万円のキャッシュバックあり!
・未経験でも1〜2ヶ月で集中して一気に学べる!
\具体的な学習内容が分かる!/

プログラミングスクールは一般的に高額です。
メンターが合わなかったり、学習についていけなかったりするとそれは非常にもったいないこと。
「後悔」しないスクール選びにつなげるためにも「無料体験」など受けれるスクールを厳選しています。
きちんと学習でき一人前のエンジニアになれれば、就職後たった1、2ヶ月ほどで元(受講料)は回収できますよ。

 

2.コミュニケーションスキルを身に付ける

2.コミュニケーションスキルを身に付ける

 

コミュニケーションスキルを身に付けることは、先輩・上司に質問もしやすくなります。

 

そうなると的確な答えをもらえますから、つまづいてもその解決に時間は掛かりません

 

また、プログラマーはプログラミングだけが仕事ではありません。

設計書を書いたり読解したりとSEとコミュニケーションをとる場合もあります。

 

うまくコミュニケーションが取れないと、設計書も書けないし読解もできないので、作業が遅れることにもなりますよ。

≫プログラマーに求められるスキル

 

では、最後に残業があまりない会社の見分け方を解説していきます。

 

4.残業があまりない会社の見分け方3つ

残業があまりない会社の見分け方3つ

 

残業があまりない優秀な会社の見分け方は、以下3つです。

 

  1. 教育体制が整っているか
  2. 取引先クライアントは大手企業か
  3. 口コミサイトをチェックする

 

順番に解説しますね。

 

1.教育体制が整っているか

1.教育体制が整っているか

 

教育体制がしっかりしている会社かどうか確認しておきましょう。

 

具体的には以下の教育があるか確認します。

  • 新入社員教育
  • 研修・勉強会
  • 資格試験奨励制度など

 

IT業界は流行り廃りがはげしいので、定期的な勉強会や研修で知識・スキルを得ていくことが必要です。

 

また資格試験などを奨励することで、プログラマーなど個々のエンジニアの学習意欲も高まります。

 

教育体制がしっかりしていると、プロジェクトマネージャやSE、他のプログラマーなどエンジニアの能力は高いです。

 

こうしたエンジニアがいる会社は総じて会社自体のスキルが高いです。

なので、開発の見積もりなどの誤りや検討段階などの漏れも防ぐことができます。

 

教育制度があるかどうかは、会社のホームページなどでも公開されているので調べてみてくださいね。

 

さらに「転職エージェント」を使って、あなたが得た信憑性を確かめることも必要です。

 

登録すべきIT系転職エージェント

  • 「登録無料」であなたに合った企業を紹介してもらえる
  • 面談・書類など採用率アップのためのフォローアップありで安心
  • 3つほど登録しておけば広く探せて本当に行きたい企業が見つかりやすい(これホント)

\気の合う担当者や多くの求人に出会うためにも3つほど登録しましょう!/


IT/WEB系案件が豊富(〜40代)

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!

\まずはお気軽にご相談!/

【新卒向け】スキルに自信がないなら最大3ヶ月のIT研修を受けれる!もちろん給与あり!

IT求人ナビ【新卒】

【新卒向け】ITエンジニア専門転職エージェント

レバテックルーキー【新卒】

社内SEについてとりあえず情報収集したい方もお気軽に!

社内SE転職ナビ

自社開発案件・高収入案件多い

TechClipsエージェント

エンジニア出身のアドバイザーだからニーズを理解している

レバテックキャリア

転職エージェントは登録しておいて損はありません。むしろ登録しておく方が有名な(非公開)企業の紹介もあるし、こんなスキルが今求められているんだと新たな戦略(目標)を立てることができますよ(実体験)。

あと登録は3つがベスト!エージェントとの相性や幅広く企業が探せるから本当に行きたい企業が見つかります!

 

2.取引先クライアントは大手企業か

2.取引先クライアントは大手企業か

 

希望するIT企業が「大手企業」と取引していれば良いです。

なぜなら、大手企業ですと「残業」することに対し否定的だからです。

 

否定的な例を挙げてみます。

  • 残業するにあたり「残業申請」が必要
  • 夜8時頃になると空調設備が切れる
  • 定時退社日がある

 

SIerSESでのプログラマーは「客先常駐」で働くことが主流です。

ですが、大手企業であると残業規制で無理な残業はありませんよ。

 

あなたの希望するIT企業が、誰でも聞いたことのあるような企業が取引先として記載されているかどうか、会社のホームページなどで確認してみましょう。

 

「転職エージェント」を使って、あなたが得た信憑性を確かめることも必要です。

 

登録すべきIT系転職エージェント

  • 「登録無料」であなたに合った企業を紹介してもらえる
  • 面談・書類など採用率アップのためのフォローアップありで安心
  • 3つほど登録しておけば広く探せて本当に行きたい企業が見つかりやすい(これホント)

\気の合う担当者や多くの求人に出会うためにも3つほど登録しましょう!/


IT/WEB系案件が豊富(〜40代)

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!

\まずはお気軽にご相談!/

【新卒向け】スキルに自信がないなら最大3ヶ月のIT研修を受けれる!もちろん給与あり!

IT求人ナビ【新卒】

【新卒向け】ITエンジニア専門転職エージェント

レバテックルーキー【新卒】

社内SEについてとりあえず情報収集したい方もお気軽に!

社内SE転職ナビ

自社開発案件・高収入案件多い

TechClipsエージェント

エンジニア出身のアドバイザーだからニーズを理解している

レバテックキャリア

転職エージェントは登録しておいて損はありません。むしろ登録しておく方が有名な(非公開)企業の紹介もあるし、こんなスキルが今求められているんだと新たな戦略(目標)を立てることができますよ(実体験)。

あと登録は3つがベスト!エージェントとの相性や幅広く企業が探せるから本当に行きたい企業が見つかります!

 

3.口コミサイトをチェックしてみる

3.口コミサイトをチェックしてみる

 

キャリコネなどの「口コミサイト」利用して、会社の「残業度合い」を調べてみるのもいいですよ。

 

残業時間はもちろん、会社の雰囲気や給与明細・賞与など求人誌にはない情報がわかりますよ

現社員や元社員による会社の口コミですから、かなりリアルな情報ばかりです。

 

ただし(無料)会員登録してからでないと、口コミは見れません。

以下、ご紹介する「口コミサイト」キャリコネで、残業度合いをチェックしてみてくださいね!

➡︎昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

 

以上、残業があまりなさそうな会社の見分け方を解説しました。

 

まとめ:残業を避けたいならプログラマーとしてのスキルを得ることが一番効果的!

最後に要点をまとめます。

 

プログラマーの残業の実態について、厚労省のデータと実際のプログラマーの実態では大きく差がありました。

 

そもそも、プログラマーの残業が多くなる理由は以下のとおり。

  1. クライアントの仕様変更が多い
  2. プロジェクトが人手不足
  3. スケジュールが逼迫
  4. 見積もりがあまい
  5. プログラマーのスキル不足

 

クライアントや会社(管理者側)にプログラマーの残業が多くなる原因があるにせよ、プログラマー個人のスキルが高ければ、少なくとも過酷な残業なんて避けられます

  1. プログラミングのスキルを得る
  2. コミュニケーションスキルを身に付ける

 

さらに、残業が少ない会社を見つけられれば、あなたは仕事もプライベートも充実させることができるはずです。

  1. 教育体制が整っているか
  2. 取引クライアントは大手企業か
  3. 口コミサイトをチェック!

 

まずは、今のうちにしっかりと基礎からプログラミングスキルを身につけておいてくださいね!

 

スクール選びに失敗しない!

流行りのWEB系全般のスキルが身につく
学ぶだけでない!一人で作れる実践的スキルが得られる!!
メンター(指導者)がいるから悩みは即解決!挫折しない!!


テックアカデミー無料体験

オススメポイント

・1週間の無料体験あり!
・スカウトが来る!?転職サポート付き
・通過率10%で選ばれた現役エンジニアがメンター(指導者)
・PHP/Python/Java/AI/アプリなど学びたい言語・コースが選べる!
\無料体験すれば合うかどうか分かるはず!/

DIVE INTO CODE

オススメポイント

・1週間の無料体験あり
・なりたいエンジニアへのロードマップがある
・月額制だからいつでも退会可能
\無料体験すれば合うかどうか分かるはず!/

DMM WEBCAMP

オススメポイント

はじめてのプログラミングコース、WEBアプリ開発コース(Rails)
・万一満足いかなかった場合には全額返金保証
・最大5万円のキャッシュバックあり!
・未経験でも1〜2ヶ月で集中して一気に学べる!
\具体的な学習内容が分かる!/

プログラミングスクールは一般的に高額です。
メンターが合わなかったり、学習についていけなかったりするとそれは非常にもったいないこと。
「後悔」しないスクール選びにつなげるためにも「無料体験」など受けれるスクールを厳選しています。
きちんと学習でき一人前のエンジニアになれれば、就職後たった1、2ヶ月ほどで元(受講料)は回収できますよ。

 

 

-プログラマーを目指す

© 2021 マー坊プロジェクト