SIerからWEB系に転向する方法|転向した僕の感想をSIerと比較し解説!

システムエンジニア

SIerからWEB系に転職する方法|転職した僕の感想をSIerと比較し解説!

 

SIerからWEB系に転職したいと思っています。

SIerでやっている仕事や上司・先輩を見ていると将来的に不安を感じているんです。

とはいえ、スキル・経験もない私はWEB系企業に採用されることは難しいでしょうか?

 

本記事の内容

  • SierからWEB系への転職が難しい理由|スキル・経験不足
  • WEB系転成功に必要なこと
  • SIerとWEB系を比較|僕がWEB系へ転職した感想

 

本記事を書いている僕は、過去SIerやSES企業に在籍し、社内SE、WEB会社を経て現在WEB系フリーランスとして活動中。

 

結論をいうと、1,2年ほどのSIerエンジニアがWEB企業へ転職することは難しいです

 

事実、僕も同じようにSierやSES企業にいた頃は、あなたと同じようにやりがいや将来性について不安を持っていました。

 

そこで30歳を過ぎたところで、スキルアップややりがいを持てるWEB系企業に転職しようと決意。

 

採用面談の時には、実際のソースコードを見せられ読めるかどうか、バグ等の改修方法など案を求められ、スキル・経験を試されたテストでした。

 

とはいえ、今のままSIer企業に所属し不安なままでいることは、あなたの将来性ややりがいに悪影響が生じます

>>プログラミングができない場合の悪影響

 

この記事を読むことで、経験の浅いエンジニアがSIerからWEB系企業へ転職するための方法や、SIerと比べたWEB系企業の働き方・待遇の魅力などがわかりますよ。

 

有名企業(非公開)にも出会える!

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!
・未経験者でもサポートあり!

\まずはお気軽にご相談!/

 

1.SierからWEB系への転職が難しいという理由|スキル・経験がない

  • プログラミングスキル(必須)
  • DB構築
  • フロントエンド(HTML、css、js、vue.jsなど)の開発経験
  • Git(ソース管理)
  • Docker(コンテナ型の仮想環境で実行するためのプラットフォーム)
  • アジャイル開発経験
  • AWS(EC2)
  • フレームワークなど...

 

WEB系企業では、プログラミングスキルはもちろん、サーバーやDB構築などの経験が求められます。

例えば「PHP3年以上」「Ruby(Rails)2年以上」...とかもう即戦力に近いレベルですね。

 

また、SIerではほぼ触れないGitやDocker、AWS、アジャイルなどのスキルも必要です。

 

事実、僕はSIerからWEB系に転職した時は上記全てのスキルがあったわけではありません。

上記のうち、必須であるプログラミングやDB構築などある程度の経験があったくらいです。

 

が、それまで独学で学びサーバーを建てて上記スキルに触れながら自作サービスを作っていた経緯があり、それも認められ採用に至ったのかなと思います。

 

では、なぜこのような即戦力を求めるスキルが必要なのか解説していきます。

 

WEB企業ではSIerのような育成環境が未熟

SIerは昔からある産業なので歴史も長く、人を育てる環境が整備されています。

一方で、WEB業界は新卒採用の枠がSIerに比べて圧倒的に少ないです。

 

なぜならWEB業界はSIerに比べて、まだまだ人を育成する環境が未熟だからです。

つまり、人を育成するにはベテランエンジニアなど育成に掛かるコストが必要です。

WEB業界にはそのコストを十分に確保する余裕がないんです。

 

なので、WEB業界では即戦力が求められがちです。

そのノウハウを社内にまず獲得しようという「中途採用」のウェイトの方が大きいのです。

 

今必要とされている技術はなんなのかを調べつつ、そのスキルを身につけていくことが大事ですね。

 

少数精鋭だから個人のスキル・考え方が重要

WEB業界は、SIerのように大勢のエンジニアで構成されることは少ないです。

小さなチームで構成されることが多いです。

 

なので、与えられたことは自分でしっかりこなし、問題が出ればすべて自分ごととして解決していかなければなりません

 

とはいえ、これはエンジニアとしてすごくやりがいのあることです。

自分のやった仕事がサービス(製品)に大きく関わりますし、スキルアップも期待できます。

 

SIerではエンジニアは大きな機械を作るための小さな歯車のような感覚です。

資料整理や管理などに重きを置いているので、エンジニアとしてのやりがいに欠けることも多いです。

 

また、WEB業界ではスキルだけでなく、個人の考え方や発想も重宝されます。

WEB技術や志向・流行がその時々によって変わるので、仕事のやり方など定型化・固定化することなんてできないからです。

 

なので、さまざまなWEBサービスを使っている若い方はその潮流に乗りやすく、考え方や発想が採用されることも多いです。

 

では、まだ経験が浅いエンジニアがどうやったらWEB企業に入れるのかを、これから解説していきます。

 

2.WEB系企業の転職成功に必要なこと

  1. 自分のサービス(製品)を持つこと
  2. 年収には拘らないこと
  3. 企業のリサーチは重要

 

順に解説します。

 

1.自分のサービス(製品)を持つこと

 

自分のサービス(製品)を持つこと (1)

 

上表は「レバテックルーキー」というIT系転職エージェントで紹介されている企業の採用情報(一例)です。

 

WEB企業に転職するのであれば、まずは自分のサービス(製品)を持っておきましょう。

自分のサービス(製品)を持っておくことで、あなたの行きたい企業へ技術力アピールすることになり採用されやすいです。

 

実際に僕がWEB企業の応募する際には、自作サービスはいくつか提出しました。

自作サービスからいろんな技術的な話ができますし、その中で自分自信をもアピールできるので採用される可能性も高いです。

 

また、作るものはあまり難しいものでなくてOKです。

あなたが「こんなサービスあったら便利だなぁ」と思うもので大丈夫!

 

サービスを作る時にも、前述した技術(プログラミング言語、フレームワーク、DB構築、Git、Dockerなど)はできるだけ使ってくださいね。

 

使った技術が応募企業の条件とマッチすれば、企業のあなたに対する興味も湧いてきます。

 

作るモノに正解などなくコンセプトが大事です。

なぜこういった物を作ろうとしたのか、誰にどんなメリットがあるのか考えながら作りましょうね。

 

繰り返しになりますが、WEB業界ではエンジニア個人の考えや発想が求められますよ。

 

プログラミングスクールで自分のサービスを作る

  • 所属する会社では自作するだけのスキルが身につけられない
  • どんなものを作ればよいかわからない

 

どうしても自分のサービスができない方は「プログラミング」スクールを利用しましょう。

プログラミングスクールでは、WEBサービス製作に必要なスキルを身につけるばかりではありません。

 

実際に自分のサービスが作ることができますから、それをあなたの自作サービス(製品)とすることが可能です

もちろん、プロのメンター(指導者)が一緒ですから途中で挫折することもありません。

 

しかし、スクールは受講料が高いのがネックです。

でも、今会社で働いていて収入を得ていることを考えると、2、3ヶ月もあれば元(受講料)の回収なんてできてしまいます

 

また、自作サービスを持っておくことがWEB系企業の転職の必須条件ともなれば、スクールで躓くことなく作っておくべきですよ

 

スクール選びに失敗しない!

流行りのWEB系全般のスキルが身につく
学ぶだけでない!一人で作れる実践的スキルが得られる!!
メンター(指導者)がいるから悩みは即解決!挫折しない!!


テックアカデミー無料体験

オススメポイント

・1週間の無料体験あり!
・スカウトが来る!?転職サポート付き
・通過率10%で選ばれた現役エンジニアがメンター(指導者)
・PHP/Python/Java/AI/アプリなど学びたい言語・コースが選べる!
\無料体験すれば合うかどうか分かるはず!/

DIVE INTO CODE

オススメポイント

・1週間の無料体験あり
・なりたいエンジニアへのロードマップがある
・月額制だからいつでも退会可能
\無料体験すれば合うかどうか分かるはず!/

DMM WEBCAMP

オススメポイント

はじめてのプログラミングコース、WEBアプリ開発コース(Rails)
・万一満足いかなかった場合には全額返金保証
・最大5万円のキャッシュバックあり!
・未経験でも1〜2ヶ月で集中して一気に学べる!
\具体的な学習内容が分かる!/

プログラミングスクールは一般的に高額です。
メンターが合わなかったり、学習についていけなかったりするとそれは非常にもったいないこと。
「後悔」しないスクール選びにつなげるためにも「無料体験」など受けれるスクールを厳選しています。
きちんと学習でき一人前のエンジニアになれれば、就職後たった1、2ヶ月ほどで元(受講料)は回収できますよ。

無料スクールのご紹介!

0円スクール

ゼロスクール

オススメポイント

・なんと!ゼロ円で未経験からプログラミングが学べる(退会による違約金等なし)!
・Java/HTML/SQLなどの基礎からアプリ開発までを3ヶ月で学べる!
・就職支援で企業紹介あり!

 

2.年収には拘らないこと

SIerで技術を身につけたとはいえ、やはりWEB業界ですぐ活躍できる方はあまりいません。

理由は「SIer技術=(イコール)WEB技術」ではないからです。

 

AWSやGitなどはSIerではあまり使いません。

WEB業界ではアジャイルと開発手法も異なります。

これまでの経験から多少独学で補える部分はあるものの、不慣れな部分が露呈すれば思い通りに進みません。

 

なので、最初から年収を高く求めることは自分を過大評価することになります。

これでは、WEB業界を知る面接官にとってはあまり気持ち良いものではありません。

 

謙虚になって、未熟な部分は常に学習し身につけていくスタイルを持っておきましょう。

 

WEB業界の良いところは、スキルが身につけばそれに比例し給与もアップすることです。

 

3.企業リサーチ|IT転職エージェントを使うことは必須

  • 今のあなたのスキルがわかる
  • 必要とされているスキルがわかる
  • ブラック企業を回避など

 

「IT系転職エージェント」を使うメリットは大きく上記3つ。

「IT系転職エージェント」を使うことで、エージェントがその人に合った希望の企業を紹介してくれます。

 

もしあなたに企業紹介がなかったとしたら、あなたにはまだ企業が採用条件とするレベルに達していなかったということがわかります。

また、企業を閲覧したり、直接エージェントに聞いたりしてみましょう。

今必要とされているスキルやレベルなどが見えてきます。

 

つまり、客観的に自分のことを知ることが大事。

あなたが目指す目標取り組むべきことが見えてくるわけなんです

 

前述した「自分のサービス(製品)」を作る際のヒントにもなりますよね。

闇雲に作っているだけでは、それが今求められている技術でないとなると、ただ時間を浪費しているだけとなります。

こうなると、WEB業界へ転職することも難しいですよ。

 

ブラック企業を回避する

さらに、無理な労働や悪質な待遇となることを避けるためにも、エージェントを使うことは効果的です。

 

エージェントから、表に出ている企業情報以外の内情を聞くこともできます。

ですから、辛くて精神的にも肉体的にも疲弊するブラック企業へ入社してしまうことも避けられます。

 

以下でご紹介する有名どころの「IT系転職エージェント」を使うことを強くオススメしますよ。

登録すべきIT系転職エージェント

  • 「登録無料」であなたに合った企業を紹介してもらえる
  • 面談・書類など採用率アップのためのフォローアップありで安心
  • 3つほど登録しておけば広く探せて本当に行きたい企業が見つかりやすい(これホント)

\気の合う担当者や多くの求人に出会うためにも3つほど登録しましょう!/


IT/WEB系案件が豊富(〜40代)

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!

\まずはお気軽にご相談!/

【新卒向け】スキルに自信がないなら最大3ヶ月のIT研修を受けれる!もちろん給与あり!

IT求人ナビ【新卒】

【新卒向け】ITエンジニア専門転職エージェント

レバテックルーキー【新卒】

社内SEについてとりあえず情報収集したい方もお気軽に!

社内SE転職ナビ

自社開発案件・高収入案件多い

TechClipsエージェント

エンジニア出身のアドバイザーだからニーズを理解している

レバテックキャリア

転職エージェントは登録しておいて損はありません。むしろ登録しておく方が有名な(非公開)企業の紹介もあるし、こんなスキルが今求められているんだと新たな戦略(目標)を立てることができますよ(実体験)。

あと登録は3つがベスト!エージェントとの相性や幅広く企業が探せるから本当に行きたい企業が見つかります!

 

では、僕が実際にSIerからWEB系へ転職したときの感想をお話ししていきます。

 

3.WEB系とSIerを比較|転職した僕の感想

  1. やりがい|WEB系は挑戦ができる→スキルアップできている実感
  2. 将来性|WEB系はスキルアップ可能→フリーランスになれた
  3. 給与・待遇|WEB系は成果次第では給与アップ

 

順に解説します。

 

1.やりがい|WEB系は挑戦ができる→スキルアップできる

  • SIer:前例踏襲が基本
  • WEB:挑戦ができる

 

SIerでは設計や製造において「こっちの方が使いやすく、メンテも楽なのになぁ」と発信しても、前例がないためそれを採用してくれません。

つまり新しい挑戦をさせてもらえず、いつも決まったやり方やリソースを使うものですから飽きるんですよね

 

一方でWEB系ではあたらしい挑戦をどんどんさせてくれます。

WEBサービスを作るのにもさまざまな手法があります。

 

言語一つとっても種類は多く、フレームワークもしかり。

そのうちからあなたが取り組んでみたいものや、興味があることにも挑戦させてくれます。

 

当時僕がWEB業界へ入社した時は、サービスを稼働させるための「VPS」などのサーバー構築をやっていました。

この経験はSIerではなかなかさせてもらえないです。

 

WEB企業では、やりたかった言語や新しい技術に触れることが多く、やっていてすごく楽しいです

とはいえ、数時間掛けて試行錯誤し悩むこともあって苦しいこともありました。

しかし、悩みを解決し実装して動くものができると、スキルアップしているという実感もできました。

 

2.将来性|WEB系はスキルアップ可能→フリーランスになれた

  • SIer:SIerで疲弊
  • WEB:フリーランスになれた

 

SIerではあたらしい挑戦をさせてもらえる機会が少ないです。

なので数年、数十年働いていると身につくスキルが限られて、もうそこから離れられない状態となります。

 

事実、僕が過去に在籍していたIT企業(SIerとSES)の元同僚がその一人でして、転勤先にて今でも疲弊しています。

>>30年経っても客先常駐SEは客先常駐SE

 

僕はWEB系に転職しました。

さまざまなスキルアップを経験することで「フリーランスでもやれるんじゃないか...」と思うようになりましたよ。

 

多分こう思うようになっていくことは自然のように感じます。

なぜなら、どんどんスキルアップしていく実感を得ることができるからです

 

また、これまで「挑戦」することが日常となっていたので、「挑戦」することへの不安などあまりありませんでした。

...そしてついに「フリーランス」として挑戦することができました!

もちろん今でも仕事をもらうことができて活動しています。

 

3.給与・待遇|WEB系は成果次第では給与アップ

  • SIer:下請けSIerはほぼ変わらず
  • WEB:最初は低いけど成果次第でアップ!

 

特に下請けのSIerはいつまで経っても下請けのSIerです。

下請けSIerがいきなり元請けSIerになんてなれないんです。

なぜなら、元請けSIerの地位は仕事も報酬も良いので、その座を誰にも譲ることはありません。

 

なので、下請けのSIerは親会社から報酬をピンハネされるばかりです。

会社に入ってくる報酬も低くエンジニアへの給与も限られます。

個人のエンジニアがどれだけ成果をあげたとしても限度があるんですよね

 

しかし、WEB業界はSIerのような元請けを頂点とするピラミッド構造のような産業ではありません。

直接クライアントから仕事をもらえることが多いです。

ですから、会社に入ってくる報酬もピンハネされることもありません。

 

なので、成果に対し個々のWEBエンジニアへの給与も高くなっていきます

 

最初WEB系企業に入社したころは、SIerと比べると低かったです。

ですが最終的にWEB会社では、SIerに在籍していた頃よりも約100万円ほど多くもらうことができましたよ。

 

まとめ|まずはWEB会社をリサーチすることから始めよう!

最後に要点をまとめて終わりにします。

 

SierからWEB系への転職が難しいという理由は「スキル・経験」が少ないからです。

 

では、今後WEB系を目指すためにすべきことは以下の通りです。

  • 自分のサービス(製品)を持つこと
  • 年収には拘らないこと
  • 企業のリサーチは重要|転職エージェントを使うこと

 

WEB系企業への転職成功のためにはどれも必要なことです。

まずは、どんなスキルが求められているのか、あなた自身を客觀的に見るためにも下記エージェントに(無料)登録し確認してみましょう

登録すべきIT系転職エージェント

  • 「登録無料」であなたに合った企業を紹介してもらえる
  • 面談・書類など採用率アップのためのフォローアップありで安心
  • 3つほど登録しておけば広く探せて本当に行きたい企業が見つかりやすい(これホント)

\気の合う担当者や多くの求人に出会うためにも3つほど登録しましょう!/


IT/WEB系案件が豊富(〜40代)

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!

\まずはお気軽にご相談!/

【新卒向け】スキルに自信がないなら最大3ヶ月のIT研修を受けれる!もちろん給与あり!

IT求人ナビ【新卒】

【新卒向け】ITエンジニア専門転職エージェント

レバテックルーキー【新卒】

社内SEについてとりあえず情報収集したい方もお気軽に!

社内SE転職ナビ

自社開発案件・高収入案件多い

TechClipsエージェント

エンジニア出身のアドバイザーだからニーズを理解している

レバテックキャリア

転職エージェントは登録しておいて損はありません。むしろ登録しておく方が有名な(非公開)企業の紹介もあるし、こんなスキルが今求められているんだと新たな戦略(目標)を立てることができますよ(実体験)。

あと登録は3つがベスト!エージェントとの相性や幅広く企業が探せるから本当に行きたい企業が見つかります!

 

WEB系へ転職した僕の感想としては、「やりがい」「将来性」「給与・待遇」などどれをとってもSIerと比べると良いものでした。

SIerで今でも働く元同僚と比較することで、それは確かなものだと実感しています。

 

あなたも僕と同じ悩みや不安を持っているのですよね。

WEB系への転職であなたの人生も今よりも良い方向へ変わりますよ!

 

-システムエンジニア

© 2021 マー坊プロジェクト