sierを辞めたい

システムエンジニア

SIerを辞めたい|辞めても良い基準と辞めるタイミング【後悔なし】

 

Sierの仕事を辞めたいんです。

今の状況から辞めても後悔しないかな。

辞めるタイミングはいつがいいのか、次の仕事が見つかるのか不安もあります。

 

本記事の内容

  • SIerを辞めたい理由
  • 後悔しないために辞める前に考えて欲しいこと
  • プロジェクトのやめ時はいつ?誰に言う?

 

本記事を書いている僕は、過去にSIer・SES企業、社内SE、WEB会社を経て現在WEB系フリーランスとして活動中。

 

Sierを辞めたいと思うあなたは「やりたいことができるSIerではない」か「劣悪なやばいSIerに所属」しているのかもしれません。

 

そのままでは、スキルアップもできず将来が不安になり低収入でやりがいもなくなります

こうした場合には、Sierを辞めることを考えてもよいです。

 

本記事では、本当にSIerを辞めてもよいのか「具体的に判断する方法」や「辞めるタイミング」などについて解説していきます。

安易に辞めて後悔しないためにも、最後まで読み進めてくださいね。

 

有名企業(非公開)にも出会える!

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!
・未経験者でもサポートあり!

\まずはお気軽にご相談!/

 

1.SIerを辞めたい理由

  1. 開発に携われない|将来が不安・やりがいない
  2. あまりに低い年収
  3. 技術不足によりついていけない
  4. 客先常駐の労働スタイル
  5. ブラック企業|下請けSIer

 

順に解説します。

 

1.開発に携われない|将来が不安・やりがいない

「上流工程でエクセル資料など作ってばかり...」

「マネジメント業務が合わない...」

「テストなどエンジニアぽい仕事をさせてもらえない...」

 

Sierによってやる仕事が異なります

 

例えば、バリバリコーディングなどのプログラミングの仕事がしたい方が、大手のSIerに入ってしまうとそれが叶いません。

 

クライアントと打ち合わせしたり、下請けの管理(マネジメント)が主な仕事になるからです。

 

また、下請けの小規模SIerに入ってしまうと開発には携われません。

なので、つまらないオペレータのような仕事になってしまい、将来も不安に思ってしまいます。

 

大事なのはSIerに入って「どういった仕事がしたいか」を考えておくべきです。

 

2.あまりに低い年収

特に下請けのSIerに所属しているエンジニアだと、年収も低くなりがちです。

 

なぜならSIerのビジネスモデルは、元請けをトップとするピラミッド構造があるからです。

 

トップである元請けのSIerがクライアントから直接仕事を請け、一部を下請けのSIerに発注します。

下請けのSIerになればなるほど、得る報酬が上位のSIerにピンハネされて少なくなります。

 

会社に入ってくる報酬が少なくなるのですから、エンジニアの給与も安くなるのは自然なことです

 

とはいえ、エンジニアのスキルが身に付いていけば、それに比例し給与も上がってはいくはず。

ですが、下請けSIerだと限界があるんですよね。

 

ピラミッド構造におけるポジションが上位にでもならない限り、エンジニアの給与も上がってはいきませんよ。

 

3.技術不足によりついていけない

  • バグやエラーが直せずに何時間も悩みっぱなし...
  • そもそも(設計書)言っていることが分からない...
  • コーディングができない...

 

新卒や第二新卒など、SIer企業に入社し経験が浅いエンジニアに多いです。

でもそれは、一人前のITエンジニアになるためには当然のこと。

 

今の仕事ができるようになれば、仕事がおもしろくやりがいも出てきます。

次なる目標も見えるようになってきますよ。

 

やりたいことがやれて単にスキル不足であるならば、特段の理由がない限り今は辞めることは避けたいですね。

 

4.客先常駐の労働スタイル

  • 完全アウェーな環境で疲弊
  • 通勤・人付き合いなど仕事以外で疲弊
  • 案件ごとに出向く企業が異なる

 

SIerはクライアント企業で働くスタイルが主流です。

 

家族と離れて遠方で長期間暮らさないといけなかったり、自宅とは遠く離れていて通勤が大変なこともあります。

 

また、クライアント企業はエンジニアにとっては完全アウェーな環境です。

悪質なクライアントだと、仕事の無茶振りや強要、パワハラとなることもあります。

 

それに客先にはクライアントはもちろん、他のSIer企業のエンジニアもいます。

ですから、人付き合いなど抱えなくていいストレスを抱えて、心身ともに疲弊してしまいがち。

 

案件ごとに出向く企業がコロコロと変わるので、そのたびに気苦労が絶えませんね

 

同じIT系でも、WEB系や社内SEだとこうした悩みはあまりありませんよ。

 

5.ブラック企業|下請けSIer

  • 過酷な労働
  • 残業代がもらえない
  • SESも兼業でやっているSIer

 

下請けの弱小Sierにありがちです。

 

スケジュールが遅れまくった炎上プロジェクトばかりで、やる仕事はテストやバグ改修ばかり...

しかも、会社からの残業代も出ず、疲弊するだけでなんのスキルも得られません。

 

また、SIer企業と言いながらも、実は内部ではSES事業もやっていることも多いです。

エンジニアのスキル獲得のことは考えてくれず、企業利益だけを得るだけの「人を売りSIer」かもしれません。

≫SIer企業だがSESもやっている

 

将来性ややりがいもなく、ただこき使われているだけです。

こうしたSIer(ブラック)であるならば、すぐにでも転職活動した方がいいですよ。

 

以上、今のSIerを辞めたい理由をお話ししてきました。

 

しかし、今一度本当に辞めていいのか、安易に辞めて後悔しないためにも読み進めてくださいね。

 

2.辞めて後悔しないために考えて欲しいこと

  1. 本当に辞めても良いか?|辞める判断軸
  2. 将来やりたいことは何?|どうなりたい?

 

順に解説します。

 

1.本当に辞めても良いか?|辞める判断軸

  1. 今の仕事がやりたい仕事ではない
  2. つまらない将来が見えた
  3. 下請けのSierに所属

 

まずは、本当に辞めても良いか、今のあなたの状況に照らし合わせて考えていきましょう。

 

1.今の仕事がやりたい仕事ではない

「本当はクライアントに近い立場で仕事がしたい...」

しかし、現実は開発や下請けの仕事をしているのであれば、辞めることを考えましょう。

 

また「バリバリ開発したいけども、エクセルなどマネジメントが主な仕事ばかり...」「オペレータみたいなことをしている方」も同様です。

 

このような状態では、受け身の仕事になり、進んで仕事をする気になんてなれません

そうなってしまうと、会社からも認められず、待遇(給与)も期待できません。

 

また、やりたくない仕事は、毎日がつまらなく大変苦痛です

 

僕もやりたいことがさせてもらえないことを理由に、会社を辞めたことがあります。

 

今だけ耐えればいつかは...と思っていてもそこまで待つ余裕も気力もありませんでした。

 

なので、同時並行で転職活動をしていくことで、やりたいことをさせてもらえる会社に出会えて転職を成功させることができたんです。

 

やりたい仕事をする方が、前向きに頑張れますし、多少の辛いことでも乗り切ることができますよ。

 

2.つまらない将来が見えた

会社にいる上司や先輩を見ていると、あなた自身の将来もなんとなく予想できます。

 

あなたの思い描いていた将来と違うのあれば、辞めた方が良いです

 

僕が会社を辞めようと思うようになった決め手の一つに、先輩・上司を見ていてつまらない将来が見えたということもあります。

 

残業や休日出勤しながら、いい車にも乗っていないしお金の使い方もセコイ。

 

夢も希望もなく、ただひたすら会社のために働くのは堪え難い苦痛です

 

3.下請けのSierに所属

  • オペレータみたいな仕事
  • 30代で年収が300万円以下
  • パワハラなど精神的な苦痛があるなど

 

三次請け、四次請けの下請けSIerですと、ロクな仕事はさせてもらえません

 

仕事は、エンジニアの仕事とは言えないテスト、保守・運営などとオペレータみたいな仕事でやりがいがありません。

 

また、炎上プロジェクトに参画するばかりで、スキル取得もできずただ「火消し役」に徹するだけ。

辛い残業をしながらも残業代カットにもなるし、給与も安いです。

 

システムエンジニアの平均年収は、一般のサラリーマンよりも高く約500万円

各年代のエンジニアの年収に照らし合わせ、それよりも低いとやるせない気持ちにもなるし将来も不安です。

≫【システムエンジニアの平均年収】一般サラリーマンと比べて高い!

 

さらに、下請けの弱小SIerは「請負案件」だけで会社運営していくには厳しいです

なのでエンジニアを時間で売る「SES」と併用することが多いです。

 

一人客先常駐で、親会社から無理なスケジュールで仕事を押し付けられることもあります。

「偽装請負」という、親会社が直接エンジニアに業務指示をされることもあるんです。

≫業務上の指揮・命令

 

下請けSierはエンジニアのスキルアップを考えてくれないことが多いです。

ただ会社の利益だけのために働かされますよ

 

辞めるべきでない場合|ただ仕事が辛いだけ

「やりたい仕事をさせてもらっているけど、目の前の仕事にただついていけず辛い..」

このような場合は、辞めずに続けるべきです。

 

なぜなら、ITエンジニアはスキルを売る職業です

 

スキルを身につけるためには苦労は絶対あるし、ましてややりたい仕事に就いていますから辞めるのはもったいないです。

 

頑張ってやっていけば、きっと出来るようになるし、あらたな目標だってできるはず。

その先の目標が見つかっていないなら、尊敬できる上司や先輩を目指してみるのも良いですよ。

 

もし今のSierを辞めるべきだと判断したなら、次節を読み進めていきましょう。

後悔しないための将来設定をしていきます。

 

2.将来やりたいことは何?どうなりたい?

  1. ITコンサルを目指したい|元請けSIer
  2. プログラミングなどエンジニア職を極めたい|中堅Sier
  3. WEB系などインターネット技術に触れていきたい|WEB系企業
  4. 社内SEなど自社製品を扱う会社にいきたい|社内SE

 

順に解説します。

当セクションの終わりに、失敗しない企業探しの方法も解説していますよ。

 

1.ITコンサルを目指したい

元請けの大手SIerに転職することをオススメします。

  • NTTデータ
  • アクセンチュア
  • アビームコンサルティングなど

 

「ITコンサルタント」とは、クライアント企業の経営課題をIT技術で提案し解決する職業のこと。

 

その提案をもとに、システムエンジニアが実際にシステムの開発(設計)に着手していきます。

 

つまり、「ITコンサルタント」はシステムエンジニアよりもさらにクライアントにより近い位置で仕事をしていきます。

 

「ITコンサルタント」にもなると、その活動は日本だけでなく世界的に活躍することも可能。

年収も1,000万円オーバーと夢がありやりがいがありますよ。

≫ITエンジニアで年収1000万円稼ぐ!どんな会社でどんなスキルが必要なのか

 

2.プログラミングなどエンジニア職を極めたい

中堅のSIerに転職することをオススメします。

中堅のSIerとは、元請けとなる大手SIerの直下で仕事をする二次請けSIerですね。

 

中堅のSIerであれば「上流工程」「下流工程」にも携われて、設計や製造(プログラミング)ができます

 

中堅SIerの仕事のパフォーマンス次第では、プロジェクトが円滑にもなるし炎上にもなってしまう重要な立ち位置です。

 

また、大手SIer企業から仕事をもらえるわけですから「信頼性」も十分。

未経験者の研修制度や資格取得にも強力なバックアップ体制が整っていますよ。

 

中堅のSIerかどうかをチェックするにはホームページ等で可能です。

取引先に元請けと予測される「大手SIer企業名」が記載してあるか確認しておきましょう。

≫SIerかどうか見分け方

 

SIerの将来性

SIerの主なクライアントは企業や官公庁です(BtoB)。

社会変化に対応し、適宜ビジネスモデルも変化(DX)していかなければなりません。

 

なので、クライアントのIT資産のアップデートは常に必要です。

今後もそれに携わるSIerは必要不可欠な存在です。

 

しかし、客先常駐やSIerのビジネスモデルのもとで仕事はしたくない方は、WEB系や社内SEを選ぶのもありですよ

 

小規模精鋭でチームを組むことが多く、エンジニア一人一人のスキルが重宝されます。

自社でワンストップで開発できたり、身近でサービスを使ってくれる感動だって味わえますよ

 

3.WEB系などインターネット技術に触れていきたい

  • 最先端の技術が使える
  • エンジニア一人一人の提案が活かせる
  • 開発スピードが速い

 

WEB系は主に一般ユーザーを対象としたWEBサービスを作っていきます(BtoC)。

時代の流れに沿ったあたらしい技術が生まれ、それを使ったサービスも構築できます

 

また、WEBサービスはSIerほど大きなシステムではありません。

少人精鋭でチームが組まれるので、エンジニア個人の意見が反映されやすくやりがいもあります

 

開発もSIerのような「ウォーターフォール」ではなく「アジャイル」が主流です。

 

「作る→クライアントに確認→改修...」といった工程を繰り返しますので、スピード感ある開発が可能です。

≫SIerからWEB系に転職する方法

 

4.社内SEなど自社製品を扱う会社にいきたい

  • クライアントに気を使わない
  • 特化スキルを習得できる
  • 残業時間を削減
  • 成果主義

 

自社のサービス(製品)の企画・構想や設計・製造を全て社内で構築していきます。

自社のサービスにずっと関わっていけるので、それに特化したスキルが十分身につけられます。

 

また、クライアントがいませんので、クライアントによる横暴な指示・命令は受けることはありません。

スケジュールも社内で決めれるので、過酷な残業などもありません

 

作った製品や、仕事のパフォーマンスを会社に認められれば、それだけ給与アップも期待できますよ。

 

では将来的なことが見えたならば、それができる企業探しをやっていきます。

結論を言うと「転職エージェント」を使うことはもはや必至です。

 

失敗しないためにも「転職エージェント」を使う

自力での企業探しは危険です。

 

なぜなら、ホームページやハロワなどの情報は企業からの一方的な情報だからです。

書かれていない情報もあったり、情報が古いこともあるんです。

 

最悪、嘘の情報まであるんですから。

もし自力で企業を探し、そこへ入社すると、再び「辞めたい」と思うようになる可能性もあります

 

しかし「転職エージェント」を使えば、エージェントが企業とあなたの間に入って、第三者的な視点でウソ偽りない企業情報を提供してくれます。

 

疑問などあれば、直球に質問をしても良いですよ。

  • 直接ブラック企業ではないですよね...
  • 残業少なめか..
  • パワハラなどはないのか...
  • 下請けSIerではないのか...など

 

さらに、エージェントで持っている非公開案件には大手企業のどの有名企業もあります

なので、転職に迷っていても、情報を得るだけでもしておけば興味ある企業にも出会えます。

 

良い企業に巡り会うには、情報を得続けることが大事です。

 

あと、エージェントでは面接対策や書類の添削アドバイスもやってくれますので、採用率も高くなりますよ

もう一度言いますが、下記有名どころの「転職エージェント」は絶対に使っていきましょうね。

 

登録すべきIT系転職エージェント

  • 「登録無料」であなたに合った企業を紹介してもらえる
  • 面談・書類など採用率アップのためのフォローアップありで安心
  • 3つほど登録しておけば広く探せて本当に行きたい企業が見つかりやすい(これホント)

\気の合う担当者や多くの求人に出会うためにも3つほど登録しましょう!/


IT/WEB系案件が豊富(〜40代)

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!

\まずはお気軽にご相談!/

【新卒向け】スキルに自信がないなら最大3ヶ月のIT研修を受けれる!もちろん給与あり!

IT求人ナビ【新卒】

【新卒向け】ITエンジニア専門転職エージェント

レバテックルーキー【新卒】

社内SEについてとりあえず情報収集したい方もお気軽に!

社内SE転職ナビ

自社開発案件・高収入案件多い

TechClipsエージェント

エンジニア出身のアドバイザーだからニーズを理解している

レバテックキャリア

転職エージェントは登録しておいて損はありません。むしろ登録しておく方が有名な(非公開)企業の紹介もあるし、こんなスキルが今求められているんだと新たな戦略(目標)を立てることができますよ(実体験)。

あと登録は3つがベスト!エージェントとの相性や幅広く企業が探せるから本当に行きたい企業が見つかります!

 

3.プロジェクトの辞め時はいつ?誰に言う?

  • 辞める時期:あなたの事情でなるべく早めの時期
  • 誰に:自社の上司(管理者)

 

あなたの事情でしっかりと「退職日」を決めておき、その旨を自社の「上司」に報告しましょう

 

辞める時期:あなたの事情でなるべく早めの時期

辞めようと決めたなら、すぐにでも辞めたい気持ちになります。

もう気持ちがないのですから、辞めるなら早めの方がいいですよね。

 

そのプロジェクトが1ヶ月後に終わるのならまだ良いですが、半年後、1年後とかになると待ってはいられません。

行きたい企業へ応募できず、せっかくのチャンスを逃してしまいます

 

誰に:自社の上司(管理者)

最初にクライアントに「辞めたい旨」を伝えるのは避けましょう

 

あなたを今のプロジェクトにアサインしたのは、あなたの上司(管理者)です。

クライアント→自社(上司)→あなた

 

辞めることも、上記の逆で伝えるのが筋です。

 

辞める意思は強く持つこと!

とはいえ、プロジェクト真っ最中などとなると引き止められる可能性は極めて高いです

 

なので、なるべく早急に辞めたい方はしっかりと辞める意思を強く持っておきましょう。

 

僕の体験談になりますが、僕は新規プロジェクトへの参入が決まってその2週間後に会社を辞めました。

 

アサインされたばかりなので、上司に猛烈に引き止められました。

 

とはいえ、プロジェクトへ参入してみておもしくないし、自分にとってスキルアップも魅力もなかったのです。

こんなプロジェクトで数年と耐えることができません。

 

僕には少しでも居残る理由なんてなく、すぐにでも辞めたい気持ちは強く、辞める意思を粘り強く伝えました。

 

上司はクライアントに事情を話してくれて、なんとか早めの退職ができました。

 

どうしてもなる早の退職を認めてくれない|「退職代行」です

そもそもエンジニアが会社を辞めることは、クライアントにとってはどうでも良いこと。

クライアントは工数に合ったエンジニアがきちんといれば良いだけ。

 

なのであなたがいなくなったら、自社が他のエンジニアをアサインすればよいだけなんです

会社は多くのエンジニアが集まった組織体ですから、あなたたの代わりはいくらでもいます。

 

あなたが辞めることで会社のイメージとか、印象とか気にしている会社はなおさらすぐにでも辞めるべきですよ。

 

クライアントに言いたいことも言えない会社は、無理な仕事も押し付けられるばかりです。

 

もし、上司などに強く引き止められて困っているのであれば、「退職代行」を使いましょう

 

全額返金制度あり!

  • 辞めたい意思は伝えたけれど、会社から人材がいないからと強引に引き止められて悩んでいる方。
  • 人間関係などもう耐えれなくて悩んでいる方。
  • 未払いの残業代など金銭的な請求などがない方。

退職代行Jobs

ポイント

・24時間(365日)即日対応可能
・退職出来なかった場合は全額返金
・顧問弁護士監修&労働組合と連携!だから適正適法な業務

 

4.まとめ|あなたはどんなエンジニアになりたい?

最後に要点をまとめて終わりにします。

 

SIerは元請けを頂点とするピラミッド型のビジネスモデル。

どんな働き方がしたいのか、将来どうなりたいかで行くべきSIerが決まります

 

なので、辞めたいと思うのは、行くべきSIerがあなたの目的と違っているか、劣悪な下請けSIerなんです。

 

本当にSIerを辞めても良いのか...以下の辞める判断軸に従えばOKです。

  • 今の仕事がやりたい仕事ではない
  • つまらない将来が見えた
  • 下請けのSierに所属

 

まずは、本当に辞めても良いか、今のあなたの状況に照らし合わせて考えていきましょう。

 

今のSierを辞めると決めたなら、将来やりたいことは何か、どうなりたいのか考えましょう。

  1. ITコンサルを目指したい|元請けSIer
  2. プログラミングなどエンジニア職を極めたい|中堅Sier
  3. WEB系などインターネット技術に触れていきたい|WEB系企業
  4. 社内SEなど自社製品を扱う会社にいきたい|社内SE

 

目的に合った企業選びができれば、もう後悔することはありませんね。

 

プロジェクトの辞め時や、誰に言うのかは以下のとおり。

  • 辞める時期:あなたの事情でなるべく早めの時期
  • 誰に:自社の上司(管理者)

 

プロジェクト中だとなかなか辞めさせてもらえない雰囲気です。

ですが、ズルズルと辞めるのを先延ばしにするとせっかくのチャンスも逃してしまいますよ。

 

本当にあなたがやりたいことがあったら、強い意思を持って辞めれるはずです。

まずは下記エージェントに登録し、あなたの興味ある企業を見つけてみましょう。

登録すべきIT系転職エージェント

  • 「登録無料」であなたに合った企業を紹介してもらえる
  • 面談・書類など採用率アップのためのフォローアップありで安心
  • 3つほど登録しておけば広く探せて本当に行きたい企業が見つかりやすい(これホント)

\気の合う担当者や多くの求人に出会うためにも3つほど登録しましょう!/


IT/WEB系案件が豊富(〜40代)

マイナビIT AGENT

ポイント

・上流から携わりたい!
・自社開発・社内SE・WEB系に行きたい!
・現在の過酷な仕事から離れたい!

\まずはお気軽にご相談!/

【新卒向け】スキルに自信がないなら最大3ヶ月のIT研修を受けれる!もちろん給与あり!

IT求人ナビ【新卒】

【新卒向け】ITエンジニア専門転職エージェント

レバテックルーキー【新卒】

社内SEについてとりあえず情報収集したい方もお気軽に!

社内SE転職ナビ

自社開発案件・高収入案件多い

TechClipsエージェント

エンジニア出身のアドバイザーだからニーズを理解している

レバテックキャリア

転職エージェントは登録しておいて損はありません。むしろ登録しておく方が有名な(非公開)企業の紹介もあるし、こんなスキルが今求められているんだと新たな戦略(目標)を立てることができますよ(実体験)。

あと登録は3つがベスト!エージェントとの相性や幅広く企業が探せるから本当に行きたい企業が見つかります!

 

-システムエンジニア

© 2021 マー坊プロジェクト