テックブーストを受講しフリーランスになって稼いでいく方法(手順) (1)

プログラミングスクール

テックブーストを受講しフリーランスになって稼いでいく方法(手順)|体験談あり

 

未経験からプログラミングを学び、フリーランスになりたいな。

テックブーストtech boost)で受講すればなれるの?

 

本記事を書いている僕は、過去数社のIT企業やWEB会社を経て、現在WEB系のエンジニア(フリーランス)として活動中。

 

未経験からテックブーストでプログラミングを学び、フリーランスになり活躍するまでの方法(手順)は以下のとおり。

  1. テックブーストでプログラミングを学ぶ
  2. 転職して実績・経験を得る
  3. 在職中に副業などで顧客をつかむ
  4. フリーランスとして独立する

 

テックブースト(tech boost)で受講すれば、未経験からでもフリーランスになることはできます。

上記「1.テックブーストでプログラミングを学ぶ」から一気に「4.フリーランスとして独立する」へジャンプするイメージですね。

 

しかし、すぐにフリーランスとして稼いでいくということであれば、それは難しいです。

 

なぜなら、フリーランスはお客さんから直接仕事を請け負い、その対価として報酬を得ます。

 

実績や経験もないエンジニアに、リスクを負ってまで仕事なんて任せられませんよね。

 

仕事を任せたいと思ってもらうには、スキルはもちろんのことそれを裏付ける実績・経験が必要です

 

テックブースト(tech boost)には、フリーランスになるための必要なスキルを得るカリキュラムが十分整っています。

 

あとはエンジニアとして就職し、仕事をしていく中で、実績・経験を積み重ねていくだけ。

クライアントに実績・経験を認められれば仕事ももらえるようになり、フリーランスとして稼げるようになりますよ

 

本記事では、未経験からテックブーストでプログラミングを学び、フリーランスとして稼げるようになるまでの手順について順に解説していきます。

 

スクール選びに失敗しない!

テックブースト

オススメポイント

・完全未経験者からITエンジニアになれる!
・現役エンジニアのマンツーマンレッスンだから解決が早い!
・学生や社会人でも無理なく学べるプラン選択あり!
・運営会社のエージェント事業のノウハウがあるから転職に強い!
\人生を変える第一歩はここからはじまる/

 

1.テックブースト(tech boost)の基本情報

テックブースト
コース スタンダードコース、ブーストコースの2コース
学べるスキル HTML・CSS・Javascript、Java・PHP・Ruby、Python、Git、aws、MySQLなど
受講料(税込) 入学金 + 月額受講料 + メンタリング料金 + 教室利用料(329,120円〜)
学習期間 3ヶ月,6ヶ月,12ヶ月を選択
受講方法 教室(渋谷校)かオンライン受講
講師 実務経験2年以上の現役エンジニア
学習サポート チャット:24時間対応

ビデオ: 10時から22時 (土日:13時から19時)

メンタリング 1回あたり1時間

4回/月、6回/月、8回/月を選択できる

転職サポート 700社以上の中から希望の企業を紹介

模擬面談、書類添削などプロのキャリアカウンセラーのアドバイスなど

専門実践教育訓練給付制度 あり
転職保証 なし

(スマホの方は横スクロールできます)

 

未経験からエンジニア転職するには、学習についていけるための学習サポートや質のよい転職サポートが重要です。

テックブーストでは、チャットやビデオを使って、受講生がいつでも質問できるための学習サポート体制が整っています。

また、運営会社のエージェント事業の膨大な採用ノウハウも利用でき、転職サポート体制も万全です。

 

もちろん学習指導にあたるメンターはコミュ力・教育力に長けた、実務経験2年以上の現役エンジニアです。

メンターは今ではプロとしてプログラミングの指導に携わっていますが、最初は全くのド素人。

だからこそ、未経験者の学習に対する悩みを、親身になって聞いて解決してくれます。

 

テックブーストについてもっと詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

≫テックブーストの評判・口コミ|あなたに合っているスクールなのか判明!

 

前置きはこれくらいにして、テックブーストを卒業し、フリーランスとして稼げるようになるまでの手順について解説していきます。

 

2.まずはテックブーストでプログラミングを学ぶ|フリーランスになるための第一歩

  1. テックブーストでプログラミングを学ぶ
  2. IT企業に転職して実績・経験を得る
  3. 在職中に副業などで顧客をつかむ
  4. フリーランスとして独立する

 

まずは、テックブーストでプログラミングを学ぶことです。

 

目的は、スキルを得て転職を成功させるためだけでありません。

テックブーストはフリーランスとして必要な力も身につけることができます

 

その根拠をお話していきます。

 

1.実践的な開発工程を経験できる

「ブーストコース」と言われる転職やフリーランスを目指すための方のコースには、オリジナルWEBアプリを制作する課題があります。

 

あなた自身で課題を見つけ、それを解決していくためのWEBアプリケーションを開発します。

 

しかも、設計から開発・テスト・公開・運用/メンテという全ての開発工程を経験することができます

 

テックブーストでは、単にプログラミング(開発)できるようになるだけではありません。

実際の開発現場で活躍できる力や、自身で解決していこうとする「自走力」も養うことができます。

≫テックブーストの カリキュラムを徹底解説!|強力なサポートで安心

 

即戦力が期待され、(転職)採用の可能性も高まります。

 

2.マネジメント力を学べる|スケジュール管理

オリジナルWEBアプリ制作では、マネジメント管理も学べます。

設計から開発・テスト・公開...という全工程を、自分でスケジューリングしてこなしていきます。

 

フリーランスとして仕事をもらうと一人称で仕事ができないといけません。

与えられた仕事が期限内にできないなんてことはあってはならないので、きちんとスケジュール管理していく必要があるんです。

 

フリーランスだけでなく企業に転職したとしても、時間を意識した仕事は大事です。

 

3.案件獲得スキルを養える

テックブーストでは、受講中にクラウド案件の受注・制作ができます。

しかも、受注・制作をメンターにフォローしてもらえるサービスがあるんです。

 

具体的には「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドサービスを使い案件受注します。

 

そこからできそうな案件を受注していくのですが、初心者ができそうな案件を探してくれるのです。

また、発注者との価格交渉もサポートなどしてくれます。

 

制作中においても、難しいところなどで悩んだらメンターが助けてくれます。

 

案件獲得や価格交渉など、フリーランスとしての必要なスキルも身につけることができますよ。

 

以上、テックブーストはフリーランスとして必要な力を身につけることができる理由を解説しました。

 

テックブーストを卒業後は、一度IT企業に就(転)職しましょう。

就(転)職する際にも、テックブーストの良質なサポートが受けられます。

≫テックブースト(tech boost)の就職支援が熱い!|卒業生の就職先とその特徴

将来的にフリーランスとして活躍できるだけのスキルや経験が得られる企業を紹介してくれますよ。

もちろん、内定獲得のためのサポートも万全です!

 

では、話を進めますね。

 

3.IT企業に転職して実績・経験を得る

  1. テックブーストでプログラミングを学ぶ
  2. 転職して実績・経験を得る
  3. 在職中に副業などで顧客をつかむ
  4. フリーランスとして独立する

 

テックブーストで転職成功させたなら、転職先企業で仕事を通して実績・経験を積んでいきます。

どれくらいの期間が必要かは、大体3年以上ですね。

 

理由は、この年数がフリーランス案件をもらう条件の一部となっていることがほとんどだからです。

 

以下は、フリーランス向けエージェントサービス「Midworks」に掲載されている仕事案件の必須スキルです。

※「Midworks」はテックブーストの運営会社「株式会社 Branding Engineer」が展開しているエージェント事業です。

ruby条件

php条件

java条件

 

赤枠内を見ていただきたいのですが、言語開発経験が3年や4年以上としている案件が多いです。

案件によっては1年以上とかもありますが少ないです。

 

なので、3年以上企業に在籍している方が経験を積めるので、より多くのフリーランス案件に携われます。

 

それに言語経験の他にも、AWSやVue.jsといったインフラやフレームワークなどの経験も問われます。

就職している間に経験できるスキルは全て習得しておきましょう。

 

そうすることで、フリーランスになっても仕事は幅広く探せますよ。

 

フリーランスになっても助けてくれる

これは僕の経験です。

いざあなたがフリーランスになって会社を辞めたとしても、その会社で必要な人材となっていれば、外注として仕事をくれることがあります

 

あなたの人間性や仕事のスキルなど理解してくれているので、仕事も出しやすいんです。

 

もちろん、あなたもその会社のことはわかっているし、社員のこともよく知っています。

なので、すごくやりやすい仕事となります

 

駆け出しフリーランスの時は仕事も不安定となりやすいです。

他の仕事(案件)が少なくなっても、元の会社を頼れるのであなたの強い味方になってくれます。

 

4.在職中に副業などで顧客をつかむ

  1. テックブーストでプログラミングを学ぶ
  2. 転職して実績・経験を得る
  3. 在職中に副業などで顧客をつかむ
  4. フリーランスとして独立する

 

実績・経験を積むと同時に、クラウドワークスなど副業案件も獲得してみましょう。

テックブーストでは受講4ヶ月ほど経つと、副業案件の獲得など無料サポートもしてくれます。

≫テックブーストの副業案件サポート

 

せっかくテックブーストで副業案件の獲得を経験しているのですから、一度もそれを活かさないのはもったいないです。

 

それに、一度案件をこなすと引き続き仕事をもらえることも多いので、安定収入につながることもあるんです。

 

特に最初はフリーランスの収入は不安定になりがちです。

少しでも収入源となる仕事を持っておくことをオススメします。

 

エンジニアとしてのスキル向上に加えて、単価などの交渉スキルも身につくので、ぜひ挑戦してみまよう。

 

副業の収入も入ってくるので良いことしかありません。

 

フリーランスエージェントに登録しておく

就職しているうちに、フリーランスエージェントに登録しておきましょう。

 

理由は以下のとおり。

  • どういったスキルが求められているかわかる
  • 現在のあなたの市場価値がわかる
  • エージェントがついていてくれるから安心感がある

 

エージェントに登録しておくと、エージェント担当者からあなたのスキル要望に合ったお仕事案件を紹介してくれます。

もし、なかなか紹介してくれないとなると、あなたのスキルがまだ不足していると判断することができます。

会社の辞めどきかどうか、見極めることもできますね。

 

またエージェント担当者とも繋がることができますから、IT市場の動向・流行といった情報も得られます。

どういったスキルが求められているかわかるので、目標とすべきスキル設定もできるのです。

 

フリーランスになるには、割と勢いも大事です。

とはいえ、一人でフリーランスになるには心細く不安なこともあります。

でもエージェントに登録しておくことで、担当者が色々とアドバイスしてくれるので心強いです。

 

フリーランスエージェントのおすすめはテックブーストと相性の良い「Midworks」です。

Midworks」の利用は無料で、ITに特化したエージェントサービスです。

さらに、他のエージェントにはあまり見られないフリーランス向けの「賠償責任補償」や「健康診断優待」サービスがありますよ。

 

5.フリーランスとして独立する

  1. テックブーストでプログラミングを学ぶ
  2. 転職して実績・経験を得る
  3. 在職中に副業などで顧客をつかむ
  4. フリーランスとして独立する

 

未経験からテックブーストでプログラミングを学び、転職して経験・実績を積んできました。

さらに、副業などもしながら一人で稼いでいく感覚を養ってきました。

 

しかし、その道のりは決して優しいものではありません。

 

ですが、その道のりを超えてきたあなたはフリーランスとしてもやっていけるはずです。

なぜなら、スキルだけでなくそれを裏付ける実績・経験を持っているからです。

また、一人で解決していく「自走力」が既に備わってもいるからです。

 

フリーランスになっても、つまづき悩むことも多いですがこの「自走力」さえあれば大概のことは解決できます。

 

また、あなたは一人ではなく、困った時にはエージェントやテックブーストのメンターさんが相談に乗ってくれますよ。

万が一、フリーランスが合わないと感じれば、受講後でもテックブーストの転職サポートが使えます。

なので企業への転職も可能です。

 

6.体験談|フリーランスになる前にIT企業に就職してよかったこと

  • 開発スキルや経験が得られた
  • コミュニケーションスキルが向上した
  • 仕事仲間が増えた

 

開発スキルや経験が得られた

フリーランスとして案件(仕事)をもらうためには、スキルや経験は必須です

そのスキルや経験は、実践でないと得られないんです。

 

つまり、企業に所属し実際の開発業務をしながら、スキルや経験を得ていくしかありません。

 

企業であれば、社員を育てていく体制や使命があります。

未経験からスキルや経験を得ていく手段としては、企業に所属する方が手っ取り早く効率的なんです。

 

コミュニケーションスキルが向上した

フリーランスとしてコミュニケーションスキルも大事です

Slackなどでうまく言いたいことを伝えたり、会議においても会話に積極的に参加しなければなりません。

もし上記ができなかった場合には、いらないフリーランスだと思われ契約を切られてしまいます。

 

企業に在籍していた時は、会議はあったし、メールなどで上司やエンジニアと仕事のことについてやりとりしていました。

会議で会話に入ってこないと上司に叱られたりもしましたし、文章でうまく伝える方法なども身につきました。

 

さらに、自分とやっている仕事も違えば年齢も違う人との会話(説明)の仕方なども失敗を重ねて学びました。

 

仕事仲間が増えた

会社に所属していた経験があると、当時の同僚や先輩など付き合いを継続していけます

フリーランスって基本的に孤独です。所属している組織がありませんからね。

仕事で困った時や、不安になった時には誰かを頼りたくもなるんです。

 

頼りにしたい時には、すぐに連絡をとり悩み事などを解決することができます。

 

また、仕事で困った時にも、古巣(会社)は頼もしい存在になります。

上司などに連絡をすると若干仕事を分けてくれたりと、フリーランスとしての活動を応援してくれるんです。

 

まとめ|テックブーストの受講はフリーランスになるための第一ステップ!

最後に要点をまとめて終わりにします。

 

未経験からテックブースト(tech boost)でプログラミングを学び、フリーランスとして稼げるようになるまでの順序は以下の通りです。

  1. テックブーストでプログラミングを学ぶ
  2. 転職して実績・経験を得る
  3. 在職中に副業などで顧客をつかむ
  4. フリーランスとして独立する

 

現在僕自身もフリーランスとして活動していますが、実績と経験はすごく大事だと感じています

スキルが多少見合わなくても、実績や経験がカバーしてくれて仕事をもらえたケースもあるんです。

 

テックブーストではプログラミングスキルのみならず、実践的な開発を経験できるスクールです。

将来フリーランスを目指すのであれば、ぜひテックブーストを受講することをオススメします。

 

まずは以下より無料の説明会に参加してみましょう。

≫テックブースト(tech boost)の無料説明会に参加!|得られたことや感想など

あなたの人生を良い方向へ変える第一歩となるはずです。

スクール選びに失敗しない!

テックブースト

オススメポイント

・完全未経験者からITエンジニアになれる!
・現役エンジニアのマンツーマンレッスンだから解決が早い!
・学生や社会人でも無理なく学べるプラン選択あり!
・運営会社のエージェント事業のノウハウがあるから転職に強い!
\人生を変える第一歩はここからはじまる/

 

-プログラミングスクール

© 2022 マー坊プロジェクト