テックブーストの カリキュラムを徹底解剖

プログラミングスクール

テックブーストの カリキュラムを徹底解説!|強力なサポートで安心

 

テックブーストtech boost)のカリキュラムが知りたい。

私未経験だけど、ちゃんとついていけるかどうか不安。

受講後はエンジニアとして活躍できるくらいになれるの?

 

本記事の内容

  • テックブースト(tech boost) のカリキュラムを徹底解剖!
  • カリキュラムをこなす受講生へのサポート体制
  • テックブーストをおすすめな方

 

本記事を書いている僕は、過去数社のIT企業やWEB会社を経て、現在WEB系のフリーランスとして活動中。

 

プログラミングスクールを選ぶ上で、スクールのカリキュラムを知ることは大事です。

なぜなら、カリキュラム次第であなたの目的を果たせるかどうかが分かるからです。

それだけでなく、他のライバルに一歩差をつけることもでき転職するのにも優位になれます。

 

結論をいうと、テックブーストのカリキュラムは、エンジニアとしての第一歩を踏み出せる素晴らしいものとなっています。

 

またテックブーストは、カリキュラムをこなす受講生へのサポート体制も万全です。

だからついていけないんじゃないかと不安に思う必要はありません。

 

これから転職などエンジニアとして活躍していきたい方は、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

 

スクール選びに失敗しない!

テックブースト

オススメポイント

・完全未経験者からITエンジニアになれる!
・現役エンジニアのマンツーマンレッスンだから解決が早い!
・学生や社会人でも無理なく学べるプラン選択あり!
・運営会社のエージェント事業のノウハウがあるから転職に強い!
\人生を変える第一歩はここからはじまる/

 

1.テックブースト(tech boost) のカリキュラムを徹底解説!

テックブーストのカリキュラムは以下の2段階構成となっています。

  • ベーシックターム(基礎学習)
  • ディベロップターム(応用的学習)

 

順に解説していきます。

 

ベーシックターム(基礎学習)

まず「ベーシックターム」では、ニュース投稿や画像投稿サイトの制作を通して、プログラミングの基礎を習得します。

学習時間の目安は150時間〜200時間

 

基礎とは言っても、サイトを丸っと作りながら学べます。

  • PHP,Java,Rubyなどサーバーサイド言語
  • HTMLやCSS、Javascriptといったスクリプト言語
  • データベース
  • GitHub

 

サイト制作の全体の「仕組み」を理解することができますよ。

 

ディベロップターム(応用的学習)

「デベロップターム」では、「ベーシックターム」で得たスキルを活かし、一人でオリジナルWEBアプリを制作していきます。

学習時間の目安は200時間。

 

ここでは、プログラミングをする前段階である「設計」やプログラミング後の「テスト」などが経験できるのが特徴です。

設計→プログラミング→テスト→公開→保守・運用

 

実際の開発現場でも、基本的には上記の流れで開発を進めます。

つまり「デベロップターム」では、より実践的なスキルが得られるカリキュラムとなっています。

 

どちらも基本的に自習形式テキストを読んで進めていく形ですから「自走力」が養えます。

もしわからないところがあれば、メンターに聞いて解決することができますよ。

 

では次節より、カリキュラムに含まれる内容について深掘りしていきます。

 

学べる言語・技術

  • PHP(Laravel)
  • Ruby(rails)
  • Java(Spring)

 

テックブーストで学べる言語(フレームワーク)は主に上記3つ。

PHPやRubyはWEBサービスを制作するテッパン言語。

PHPについてはWordpress案件にも携われます。

JavaについてはWEBサービスはもちろん、企業の基幹システムにも使われる万能言語です。

 

PHPやRubyは初心者の方も学習しやすい言語ですが、Javaは比較的難易度は高いです。

 

しかし、どの言語も需要が多いので、仕事がないと困ることは今の所ありません

下記は転職エージェントを展開する「レバテックキャリア」で持っている言語ごとの求人案件です。

レバテックキャリア

 

  • MySQL:データベース

 

下記は「Solid IT」が発表したデータベース市場の利用シェアランキングです。

全380あるデータベースのうち「MySQL」は第2位

データベース人気

出典:Solid IT

 

また「MySQL」AWSなどではデフォルトのデータベースとなっていますし、多くの企業やサービスでも採用している現状を考えると「MySQL」を学ぶことは超重要です。

データベース 求人数
1 MySQL 2650件
2 Oracle 1274件
3 PostgreSQL 1212件

参考:レバテックキャリア

 

  • GitHub:ソースコード管理サービス

 

実際の開発にもなると、多くのエンジニアが集まってプロジェクトを進めていきます。

その際にはソースコードの管理が重要なんです。

 

GitHubは他のエンジニアが変更した箇所を共有し取り込むことができたり、同一ソースの変更による衝突や不整合を防ぐことができます。

 

効率的な開発を実現するためにも、GitHubは必須スキルです。

 

オリジナルWEBアプリ制作

オリジナルWEBアプリ制作で得られることは以下のとおり

  • 実際の開発工程を経験できる
  • スケジュール管理ができる
  • 技術の証明(ポートフォリオ)となり転職に有利

 

受講生自身でITソリューションを考えて、それをWEBアプリとして実現します

その際には、実際の開発現場でも行われる開発フローを一通り経験できます。

 

プログラミングスキルだけでなく、設計スキルやテスト手法などのスキルを得られます。

 

また、開発にはスケジュール管理は必須です。

遅れがあっては、クライアントにも迷惑が掛かるからです。

オリジナルWEBアプリ制作を通し、時間を意識する大切さも学べます。

 

オリジナルWEBアプリはあなたの完全オリジナル製品です。 企業の担当者にとっても興味あるものとなりますよ。

 

惜しいところ|チーム開発が経験できない

実際の開発では、他のエンジニアと意見交換しながら開発を進めることが多いです。

意見が合わなかったり、自分の好きになように開発ができないかもしれません。

 

つまり、開発では多くのエンジニアが携わっていますから、決して一人相撲ではあってはならないということです。

より良いものを作るべく、他人の意見を受け入れたり、逆に提案したりする場も多いです

 

こうした環境に慣れていないと、仕事に対するモチベーションが上がらなくなり、仕事自体がつまらなくなってきます。

慣れるためには、実際にチーム開発を経験することです。

 

しかし、テックブーストではこうした「チーム開発」できるカリキュラムはありません。

 

せいぜい上位スキルを持つメンターとの交流しかなく、同スキルの受講生同士の交流がないのが残念なところです。

 

なので、カリキュラムを進める際には、できるだけメンターの方と交流を持ちましょう。

メンターの意見をただ一方的に取り入れるのではなく、よく考え「もっとこうした方が良くない?」と逆に意見したりするのも良いです。

メンターは現役エンジニアです。

意見されることには慣れていますから、気にせずどんなことでも発信しましょう。

 

以上、テックブーストのカリキュラムについて深掘りし解説してきました。

次節、こうしたカリキュラムを進める受講生への「サポート体制」についても少しだけ解説していきます。

 

2.テックブーストのサポート体制

  1. チャット/ビデオサポート
  2. 副業案件取得のサポート
  3. 転職支援が激アツ!

 

1.チャット/ビデオサポート

カリキュラムを進めていく上での悩み事は、現役メンターに聞いて解決することができます。

解決手段は以下3つ

  • チャットサポート:24時間
  • ビデオサポート:10時から22時 (土日:13時から19時)
  • メンタリング

 

学習についての悩み事は基本はチャットを使います。

言葉ではなかなかうまく伝わらないことは、ビデオ通話で画面共有しながら伝えることもできます。

 

また、学習スケジュールの変更や相談、学習におけるメンタル的な相談は「メンタリング」で解決できますよ。

挫折しないような環境が整っています。

 

2.副業案件取得のサポート

カリキュラム4ヶ月目を迎えると、副業案件を獲得・補助するサポートが受けられます。

 

具体的には「ランサーズ」や「クラウドワークス」などに掲載されている副業案件の獲得の仕方です。

どういった仕事がやりやすいか、スキルがつく案件なども助言してくれます。

 

また、案件獲得後の制作で困ったことがあった場合にも、その補助をしてくれますよ。

 

3.転職支援が激アツ!

テックブーストの運営会社「株式会社 Branding Engineer」は「Midworks」などのエージェント事業も行なっています。

転職成功のための膨大なノウハウや企業データを持っているので、手厚い転職支援を無料で受けることができるんです。

 

しかも、受講後も何度でも受けることができるので、頼りがいがあります。

 

くわしい転職支援内容は、以下記事をご覧くださいね。

≫テックブースト(tech boost)の就職支援が熱い!|卒業生の就職先とその特徴

 

 

3.テックブーストをおすすめな方

  • 未経験からIT業界へ転職したい方
  • IT系フリーランスエンジニアを目指す方

 

特に30代からIT業界へ転職したい方や、東京メインに転職を考えている方には、自信を持ってオススメしたいです。

 

テックブーストの転職支援は、他のスクールではなかなか見られない手厚いサポートなので、転職成功率が高いです。

≫【希望】tech boost(テックブースト)は30代でも受講でき転職も可能

 

さらに、将来的にフリーランスとして活躍したい方にもぜひオススメしたいです。

 

副業案件を経験させてもらったり、フリーランスになるためのステップアップを無理なく踏んでいけます。

≫テックブーストを受講しフリーランスになって稼いでいく方法

 

まとめ|まずは無料の説明会を受けてみよう!

最後に要点をまとめて終わりにします。

 

テックブーストのカリキュラムは以下の2段階構成となっています。

  • ベーシックターム(基礎学習)
  • ディベロップターム(応用的学習)

 

この中で学べる言語や技術は活躍できる需要あるものです。

特にオリジナルWEBアプリ制作には、実際の開発現場に必要な「現場スキル」が身につきます。

 

カリキュラムを進める受講者へのサポート体制は以下の通り

  • チャット/ビデオサポート
  • 副業案件取得のサポート
  • 転職支援が激アツ!

 

挫折することを防ぎ、転職やフリーランスなど目的に合ったサポートが激アツで受けられます。

 

もしテックブーストの受講を少しでも考えているのであれば、絶対に無料説明会には参加しておきましょう。

あなたの人生を良い方向へ変える第一歩となるはずです。

≫テックブースト(tech boost)の無料説明会に参加!|得られたことや感想など

スクール選びに失敗しない!

テックブースト

オススメポイント

・完全未経験者からITエンジニアになれる!
・現役エンジニアのマンツーマンレッスンだから解決が早い!
・学生や社会人でも無理なく学べるプラン選択あり!
・運営会社のエージェント事業のノウハウがあるから転職に強い!
\人生を変える第一歩はここからはじまる/

 

-プログラミングスクール

© 2021 マー坊プロジェクト