RUNTEQは30代でも受講できてエンジニア転職も可能!

プログラミングスクール

RUNTEQは30代でも受講できてエンジニア転職も可能!

 

RUNTEQ30代でも受講でき、エンジニア転職もできるってホント?

でもなんで年齢的に厳しい30代以上の未経験者が、エンジニア転職できるようになるんだろ?

 

本記事を書いている僕は、過去数社のIT企業やWEB会社を経て現在WEB系のフリーランスとして活動中。

 

30代のエンジニア転職までを達成するプログラミングスクールは少ないです。

少ない理由はやはり年齢的な問題。

30代は、どうしても20代に比べると圧倒的に転職が不利なんです。

 

年齢的な問題を超えるためには、それなりの学習体制やサポートがないと30代なんて受講させることはできません。

 

しかしRUNTEQには、転職に不利だと言われる30代や不利となる部分を解消できるサービスが存在します

むしろ30代の「強み」を炙り出し、それをエンジニア転職の「武器」にすることで転職を可能としています。

だから、30代でも年齢制限なく、RUNTEQを受講できるのです。

 

とはいえ、RUNTEQだけに頼るだけではダメ。

受講者であるあなたの努力や覚悟も必要なんです

 

本記事では、30代でもRUNTEQを受講できエンジニア転職も可能であると言う理由と、エンジニアになるために必要なこと・覚悟などについて解説していきます。

 

30代でRUNTEQを受講し、見事エンジニア転職を達成された方の声もご紹介!

そこから分かった、エンジニア転職の成功の秘訣なども掲載しています。

最後までじっくり読み進めてくださいね。

 

\23:42秒のところに注目!未経験35歳でもエンジニア転職できる武器が!!/

 

スクール選びに失敗しない!

ランテック(RUNTEQ)

runteq

オススメポイント

・企業担当者を魅了するポートフォリオ制作を徹底サポート!
・エンジニア育成ノウハウを活かした超実践的なカリキュラム
・Web系自社開発企業(スタートアップ)への就職が多い!
・大学生、30代・40代でも受講可能!
・働きながらでも無理なく受講できる!
\人生を変える第一歩はここからはじまる/

 

1.RUNTEQは30代でも受講可|未経験からWebエンジニアになれる理由

  1. 自走力を身につけられる教育がある
  2. オリジナルポートフォリオで内定率アップ
  3. 徹底的に強みを洗い出す転職サポート
  4. 働きながら受講できる学習プラン

 

順に解説します。

 

1.自走力を身につけられる教育がある

RUNTEQでは約1,000時間にも及ぶカリキュラムがあります。

0時間〜300時間 〜800時間 〜1000時間 1000時間〜
簡単なWebアプリが開発できる 講師の助けを得ながらカンタンな作業タスクを実装できる カンタンな作業タスクを一人でこなせる 難度の高い作業タスクを一人でこなせる

 

基礎から応用・実践と段階を踏みながら、最終的には一人で開発できるスキルが身に付きます。

 

さらに、中間試験や卒業試験なども実施されます。

自社開発企業が求める、技術水準に達しているか確認できるシステムを採用

この試験をクリアしないことには、先のカリキュラムや転職サポートも受けられません。

 

RUNTEQはWeb系自社開発企業への転職が多いです。

その理由として、受講生に自走力が身についていると採用企業に評価されているからです。

 

自社開発企業は、少数精鋭な企業が多く、即戦力となる人材を求めている傾向にあります。

つまり、一人で作業をこなしていくスキルが大事なんです。

≫自社開発エンジニアの特徴

 

2.オリジナルポートフォリオで内定率アップ!

エンジニア転職を目指すのであれば、ポートフォリオの作成は必須。

あなたのスキルを証明する、内定獲得に大きく影響するものです

なので、一切の手抜きも許されません。

 

RUNTEQでは、ポートフォリオ作成を企画・設計から徹底サポート

アイデアの出し方のコツをなどを教えてもらえ、あなたらしいアイデアが生み出せます。

 

また、ポートフォリオはただ作るだけでなくWeb上にリリース(公開)します。

ユーザーからフィードバックをもらうことで、よりユーザーに好まれるようなサービスにも仕上がりますし、より実践的な開発経験が得られます

 

さらに「ポートフォリオバトルイベント」という、作ったポートフォリオを発表する場もあります。

参加することで、企業担当者の目にも触れるので、あなたのスキルをアピールすることもできます

 

ポートフォリオは完璧を求めなくてもOK。

見た目がちょっとダサくても、あなたのオリジナル製品であれば問題ありません。

「こんなものがあったら便利」だと、あなたが思うモノを作りましょう。

 

\卒業生が作ったポートフォリオは下記動画をご覧ください!/

 

3.徹底的に強みを洗い出す転職サポート

  • 毎月専属のキャリアトレーナーと面談を実施し強みを洗い出し
  • 職務経歴書などキャリアトレーナーの添削指導
  • 実際に実施された質問などによる模擬面談

※35歳以上の方は上記転職サポートは対象外です。

 

30代の強みといえば、やはり社会経験業界経験です。

それらをさらに深掘りしつつ、あなたの強み洗い出し、経歴書や面談などに具体化していきます。

 

自社開発企業は、比較的若い年齢の方が多いです。

管理者など管理や教育に長けた人材が少ないです。

なので、マネジメントなど管理経験や教育経験などがあると、それが「強み」となって内定獲得に有利です

 

 

4.働きながら受講できる学習プラン

RUNTEQのカリキュラムは最長で9ヶ月。

必要とされている学習時間は約1000時間。

 

1週間で約25〜30時間ほどの学習が求められます。

 

なので、働きながらですと平日は2時間の学習、休日に8時間から10時間の学習ができればOKです。

決して無理な学習になることはありません。

 

また、RUNTEQ受講可能に事前学習しておくと、学習がよりスムーズに進みます。

 

以上、RUNTEQは30代でも受講可で未経験からエンジニアになれる理由を解説してきました。

 

では実際に、30代で転職成功したRUNTEQ卒業生3名の声を見ていきましょう。

 

30代で転職成功できる秘訣が見えてきますよ。

 

2.30代のRUNTEQ卒業生3名|転職成功の秘訣

  1. 30代公務員からWebエンジニアへ転職成功!
  2. 30代未経験で経理事務から見事Webエンジニアへ
  3. 30代ならではのWebエンジニア転職

 

順に見ていきましょう。

 

1.30代公務員からWebエンジニアへ転職成功!

元公務員の方です。

30歳を過ぎて、育休中に子育てをしながらプログラミングを学び、見事エンジニア転職達成しました。

 

学習については、1日に3〜4時間ほどしか確保できなかったこともあり、途中挫折しかけたんです。

ですが、1ヶ月ほどしてから急に理解できるまでになり、挫折の危機を乗り越えました。

 

プログラミング学習は、頑張っていれば、分かるようになるブレイクポイントみたいなのがあるんですよね。

 

隙間時間を有効に活用しつつ学習時間に充てたこと、そして転職活動では約40社の応募しました。

 

30代からのエンジニア転職は、地道な努力と、あきらめない気持ちが大切だと証明してくれていますね。

≫30代で公務員から未経験エンジニア転職達成-RUNTEQ-

 

2.30代未経験で経理事務から見事Webエンジニアへ

元経理事務の派遣社員だった方です。

システムを使う側から、作る側へ回りたいと思ったのがエンジニアになろうと思ったキッカケです。

30歳を過ぎて、見事エンジニア転職達成しました。

 

学習当初は、半年でエンジニア転職するという目標を立て、それに向かってフルコミット!

とはいえ、休む時間を設けたり、ストレス発散などもしながら、効率的な学習ができていました。

メリハリをつけた学習が良かったです。

 

転職活動については、40社以上応募したけども、なかなか書類が通らなかったという苦労も経験しています。

ですが、決してあきらめませんでした。

 

RUNTEQのコミュニティに参加したり、キャリアトレーナーへ相談しながら転職活動を受けつづけた結果、ついに2社の内定を得ることができました。

 

あきらめずに学習し続けること、RUNTEQのサービスをフル活用すること、あとは気分転換をすることがエンジニア転職を成功させる秘訣です。

≫経理から声優、そしてWebエンジニアへ「なりたい自分」を実現するための挑戦-RUNTEQ-

 

3.30代ならではのWebエンジニア転職

元不動産会社の営業マンだった方です。

実力主義のエンジニア業界で、自分の力を試したいと思い未経験からエンジニアを目指します。

 

学習についてはとにかく辛かったようで、挫折しかけたことも多々ありました。

でもRUNTEQの同期コミュニティやイベントへの参加、趣味もしながら学習へのモチベーションを保っていました。

 

そして就職活動については、前職である不動産業界に絞って応募

全部で30社に応募し、そのうち2社から見事内定を獲得しました。

 

30代ならではの経験を活かした就活方法で、見事エンジニア転職達成しました。

≫30代ならではのWebエンジニア転職 前職を活かして年功序列から卒業-RUNTEQ-

 

以上、30代でRUNTEQを受講し、見事エンジニア転職を達成した方々の声をご紹介しました。

30代だからと、決してエンジニア転職できないことはないことが分かりましたね。

 

では、エンジニア転職を達成した方々の声から見えてきた「30代からエンジニアになるための覚悟や必要なこと」を、これから解説していきます。

 

3.30代からエンジニアになるための覚悟や必要なこと

一般的に、30代から転職することは難しいです。

 

しかもエンジニアという、スキルはもちろんのこと実績・経験が評価される職業ですから、なおさら厳しいのです。

ITエンジニアは30代だと後輩の指導やチームリーダー的な役割で、SEなど管理職へキャリアアップし活躍する年代だからです。

 

こうした厳しい中で、30代がエンジニア転職できるための覚悟や必要なことを書いていきます。

 

  1. 決してあきらめないこと
  2. 転職活動は積極的になる
  3. 社会経験・業界経験を武器にする

 

1.決してあきらめないこと

前述したRUNTEQ卒業生をみても、決して楽して学習していたわけではありません。

学習には、何度も挫折しかけたこともあります。

 

ですが、RUNTEQの学習サポートやイベント、コミュニティに参加しながら学習へのモチベーションを上げたりしています

 

苦しい転職活動でも、キャリアトレーナーをフルに頼り活用しています

 

RUNTEQには、あなたをエンジニア転職させるための良質な環境が整っているんです。

あとはあなたが自分とRUNTEQを信用し、ひたすら耐えて頑張っていくことだけです。

 

2.転職活動は積極的になる

なるべくたくさんの企業に応募していきましょう。

前述したRUNTEQ卒業生も多くの企業に応募し、見事エンジニア転職を成功させています。

 

エンジニア転職は年齢が大きく影響します。

年齢だけでバサッと不採用にする企業もあるんです。

 

年齢だけでなく、中身(人間性や社会経験など)を評価してもらえる企業に当たるためにも、積極的に応募していきましょう。

 

3.社会経験・業界経験を武器にする

  • チームリーダー的な役割を経験したことがある
  • 教育・指導の経験がある
  • マーケティング、SEOなどの技術的な専門スキルがある
  • これまで携わった業界スキルがある

 

もし上記に当てはまるものがあれば、それはあなたの転職成功に大きく影響します。

事実、僕の仕事仲間で、リーダー的な仕事を多くやってきたことが評価され、IT企業に転職成功された50歳の方がいます。

 

また、RUNTEQの卒業生の就職先には、テック系企業も多いのが特徴です。

≫RUNTEQの就職先とその特徴

 

テック系企業では、ITスキルだけでなく、業界経験も必要とされています。

これまであなたが携わった業界経験が、転職成功のための武器にできますよ。

 

4.30代のエンジニア転職で気になることに答えます

  1. 転職回数が多いんだけど大丈夫?
  2. 働きながら受講できる?
  3. 能力的に学習についていける?

 

順に答えていきますね。

 

1.転職回数が多いんだけど大丈夫?

大丈夫です。

事実、僕も4回転職しています。

転職の面談では、転職が多いからと詰められることもありませんでした。

 

というのも、僕自身の転職の理由は、もっとスキルを得ていきたいという考えがあったからです。

ある程度のスキルを得て、マンネリした仕事をするのが嫌だったんです。

 

なので、転職にストーリー性があれば、転職回数は問題にはなりません。

 

2.働きながら受講できる?

できます。

 

RUNTEQには、働きながら受講できる学習プランがあります。

9ヶ月という長期に渡って、無理なく学べるんです。

また週に25時間から30時間の学習時間を確保すれば十分に学習できます。

 

30代ともなれば、働いている方もほとんどです。

無理に会社を辞めなくても、両立しながらエンジニア転職できますよ。

 

3.能力的に学習についていける?

ついていけます...というよりもついて行くんです。

 

学習能力は若い人に比べれば、確かに30代は記憶力とか劣るかもしれません。

僕的には学習能力は若い人と30代はそんな大差はないと思っています。

 

学習能力は比べてはいけません。

 

若い人と比べようとするから、自分が余計に劣って見えて自信喪失してしまいます。

なので、他人と比べることはせず、ひたむきにあなたの学習に集中していきましょう。

 

若い人が1時間やるなら、30代は2時間学習する気持ちを持ちましょう!

 

5.RUNTEQ以外の30代でも受講できエンジニアを目指せるオススメスクール

(スマホの方は横スクロールできます)

ポテパンキャンプRailsキャリアコース RUNTEQ テックアカデミー転職保証コース テックブースト(ブーストコース) DMM WEBCAMP COMMIT専門技術コース
学習期間 5ヶ月 9ヶ月 3ヶ月 3、6、12ヶ月で選択 4ヶ月
学べるプログラミング言語 Ruby Ruby Java Java、Ruby、PHPから選択 Ruby
転職保証・サポート 転職保証は20代まで(30代以上は転職サポート) 転職サポート(35歳まで) 転職保証は32歳まで(32歳超は転職サポート) 転職サポート(全年齢) 転職サポート(全年齢)
紹介企業 100以上 企業紹介はない 1,000社以上 300以上 300社以上
受講料  440,000円(税込) 437,800円(税込) 547,800円(税込)➡︎164,340円(税込) 422,400円(税込) 910,800円(税込)➡︎340,800円(税込)
詳細 ≫ポテパンキャンプは30代・40代でも受講可で転職実績あり!|エンジニアになるための覚悟 ≫RUNTEQの評判・口コミ ≫テックアカデミー転職保証コース ≫tech boost(テックブースト)は30代でも受講でき転職も可能 ≫DMM WEBCAMP転職コース専門技術講座

 

長期に渡って、じっくりゆっくり学習したい方はRUNTEQとかテックブーストがオススメです。

 

いや、仕事を辞めて学習にフルコミットするんだという方は、テックアカデミーとかDMM WEBCAMPがオススメです。

国の給付金を受給し、格安で受講できます。

 

上記、どのスクールも30代からエンジニア転職できるスクールです。

 

あなたの生活スタイルや、学びたいスキル、受講料などに合わせてあなたに最適なスクールを見つけましょう。

 

まずは、気になったスクールから無料カウンセリングや無料体験を受けてみることをオススメします。

 

まとめ|まずは無料カウンセリングからはじめましょう!

最後に要点をまとめて終わりにします。

 

RUNTEQは30代でも受講可ですし、未経験からエンジニア転職を達成できます。

その理由は以下のとおり。

  • 自走力を身につけられる教育がある
  • オリジナルポートフォリオで内定率アップ
  • 徹底的に強みを洗い出す転職サポート
  • 働きながら受講できる学習プランがある

 

事実、30代のRUNTEQ卒業生はエンジニア転職に成功されています。

 

その方々の話の中から、30代からエンジニアになるための覚悟や必要なことは以下のとおりだと分かります。

  • 決してあきらめないこと
  • 転職活動は積極的になる
  • 社会経験・業界経験を武器にする

 

30代だからエンジニア転職できない...と絶対にあきらめてはいけません。

まずは、以下より、無料のカウンセリングに参加してみるところから始めてみましょう。

スクール選びに失敗しない!

ランテック(RUNTEQ)

runteq

オススメポイント

・企業担当者を魅了するポートフォリオ制作を徹底サポート!
・エンジニア育成ノウハウを活かした超実践的なカリキュラム
・Web系自社開発企業(スタートアップ)への就職が多い!
・大学生、30代・40代でも受講可能!
・働きながらでも無理なく受講できる!
\人生を変える第一歩はここからはじまる/

-プログラミングスクール

© 2023 マー坊プロジェクト