テックアカデミーのおすすめコースを目的別に6つご紹介|選び方も解説

プログラミングスクール

テックアカデミーのおすすめコースを目的別に6つご紹介|選び方も解説

 

テックアカデミーはコースがたくさんあって迷う。

私はどれを選べばいいの?

おすすめコースありますか?

 

本記事でおすすめするコースは目的別に以下6つ。

目的 おすすめコース
就職・転職のため WEBアプリケーションコース、PHP/Laravelコース、Javaコース、転職保証コース
趣味・副業をするため フロントエンドコース、WordPressコース

 

未経験からプログラミング学ぶのであれば、コース選定は重要です。

 

なぜなら、目的に合っていないコースを選んでしまうと、スキル習得不足などで仕事としてできません。

逆に趣味程度で学びたいのにガッツリと学ぶコースを選ぶと、学習疲れでモチベーションが下がり継続することが億劫になります。

 

本記事では、現役エンジニアの僕がテックアカデミーのコースを吟味し、未経験者におすすめするコースを目的別にご紹介しています。

 

記事後半では、コースの選び方についても解説しています。

 

現役のメンターが指導

テックアカデミー無料体験

オススメポイント

・1週間の無料体験あり!
・スカウトが来る!?転職サポート付き
・通過率10%で選ばれた現役エンジニアがメンター(指導者)
・PHP/Python/Java/AI/アプリなど学びたい言語・コースが選べる!
\無料体験で感触が掴める!/

 

1.テックアカデミーの目的別におすすめするコース6選

  • WEBアプリケーションコース
  • PHP/Laravelコース
  • Javaコース
  • 転職保証コース
  • フロントエンドコース
  • WordPressコース

 

おすすめは上記6つのコース。

これらを目的別にご紹介していきます。

 

1.就職・転職におすすめなコース

  • WEBアプリケーションコース
  • PHP/Laravelコース
  • Javaコース

 

上記3つのコースを選んだ理由は以下のとおり

  • 需要が多い言語なので、転職するのに困ることはありません
  • 将来的にフリーランスとしても活躍できるスキルを身につけられます
  • RubyやPHPなどは比較的カンタンに習得できる
  • 開発スキル一式を学べる

 

以下、12,500件以上の求人案件を持つレバテックキャリア(転職エージェント)における、言語ごとの求人案件です。

言語 求人案件数 全求人数に対する%
PHP 3,029件 約24%
Java 4,407件 約35%
Ruby 1,854件 約14%

 

この3言語の求人数がとにかく多く、他の言語を探すのが大変なくらいです。

また、以前担当してもらっていたフリーランスエージェントの方も上記3つの案件は多いと言っていました。

 

WEB系を目指すのであれば「PHP/Laravelコース」か「WEBアプリケーション」。

Ruby言語を学びたいのであれば「WEBアプリケーション」ですね。

IT企業などに入社し、大規模システムに携わりたい方は「Javaコース」を選びましょう。

 

ではそれぞれのコースをもっと深掘りし、何が学べるのか解説してきます。

 

WEBアプリケーションコース

料金 4週間〜:174,900円〜(社会人)
学習時間目安 160〜200時間
学習内容 Ruby(rails)のWEBアプリケーション開発
おすすめポイント
  • WEBアプリの開発に必要なスキル一式が学べる
  • 需要のある言語Rubyが学べる
  • 比較的学習がカンタン
  • 後々フリーランスとしてもやっていけるスキルである

 

Ruby(rails)を使ったWEBアプリケーションに必要な開発スキル一式が学べます

具体的には以下の通り

  • フロントスキル:HTML /CSS(Bootstrap)/Javascript
  • サーバーサイドスキル:Ruby(Rails)
  • データベース操作:SQL
  • Git:ソースコードのバージョン管理

 

RubyはWEB系開発はもちろんのこと、スマホアプリやソシャゲ開発でも使われる言語です。

自社開発を行うスタートアップ企業でも多く採用されている言語です。

 

当コースでは、最初はSNSなどメッセージのやり取りをするアプリを作りながら学び、最終的にはあなたオリジナルのアプリケーションの開発ができるようになるんです。

 

オリジナルのアプリ制作は、実際に「Heroku」というプラットフォームに入れて公開します。

また就職活動の際の強力なアピールポイントとなり、内定獲得の可能性も高まるのです。

 

卒業生が実際に作ったWEBアプリを以下にご紹介しておきます。

≫卒業生の作品-テックアカデミー-

 

 

Ruby(rails)を使った開発案件は多いです。 就職して経験を積むことで、フリーランスとしても活躍できますよ。

下記はフリーランス案件を紹介するレバテックフリーランスのRuby案件の一例です。

≫レバテックフリーランス-Ruby案件-

レバテックフリーランス_Ruby案件1

レバテックフリーランス-Ruby案件-

レバテックフリーランス_Ruby案件2

レバテックフリーランス-Ruby案件-

 

PHP/Laravelコース

料金 4週間〜:174,900円〜(社会人)
学習時間目安 160〜200時間
学習内容 PHP(Laravel)のWEBアプリケーション開発
おすすめポイント
  • WEBアプリ開発に必要なスキル一式が学べる
  • 需要のある言語PHPが学べる
  • WordPress案件もこなせるようになる
  • 比較的学習がカンタン
  • 今後フリーランスとしてもやっていけるスキルである

 

PHPはLaravelというフレームワークを使ったWEBアプリケーション開発が学べます

具体的には以下の通り

  • フロントスキル:HTML /CSS(Bootstrap)/Javascript
  • サーバーサイドスキル:PHP(Laravel)
  • データベース操作:SQL
  • Git:ソースコードのバージョン管理

 

「Slack」や「ぐるなび」などもPHPで作られていて、Web開発に特化した言語です。

 

また、PHPを学んでおけばPHPで作られたWordPress案件にも携わることができます。

 

フレームワークは年々シェアの伸ばしてきているLaravelが学べます。

stackoverflowによると、そのトレンドは2022年現在djangoに次ぐ第2位(下記青線赤丸)。

Laravelシェア

引用:stackoverflow

 

PHP開発ならLaravelを学んでおかないといけないということですね。

 

PHP/Laravelコースも、前述した「WEBアプリケーション開発コース」同様、最初はSNSなどメッセージのやり取りをするアプリを作りながら学びます。

最終的にはあなたオリジナルの、PHPを使ったアプリケーションの開発ができるようになるんです。

 

オリジナルのアプリ制作は、実際に「Heroku」というプラットフォームに入れて公開します。

就職活動の際の強力なアピールポイントとなり、内定獲得の可能性も高まるのです。

 

 

PHPを使った開発案件は多いです。 就職して経験を積むことで、フリーランスとしても活躍できますよ。

下記はフリーランス案件を紹介するレバテックフリーランスのPHP案件の一例です。

≫レバテックフリーランス-PHP案件-

レバテックフリーランスPHP案件1

レバテックフリーランス-PHP案件-

レバテックフリーランス_PHP案件2

レバテックフリーランス-PHP案件-

 

Javaコース

料金 4週間〜:174,900円〜(社会人)
学習時間目安 160〜200時間
学習内容 JavaのWEBアプリケーション開発
おすすめポイント
  • Javaを使った開発に必要なスキル一式が学べる
  • 需要のある言語である
  • SierやSES企業で多く使われている言語である

 

Javaを使ったWEBアプリケーション開発に必要なスキル一式が学べます

具体的には以下の通り

  • フロントスキル:HTML /CSS(Bootstrap)/Javascript
  • サーバーサイドスキル:Java(Servlet, JSP)
  • データベース操作:SQL
  • Git:ソースコードのバージョン管理

 

Javaはシステム開発などで使われることが多いですが、WEB系開発も可能な万能言語なんです

難易度はPHPやRubyに比べて高まりますが、PHPやRubyの派生元となった言語でもあります。

 

Javaコースも、前述した「WEBアプリケーション開発コース」同様、最初はSNSなどメッセージのやり取りをするアプリを作りながら学びます。

 

ですが、PHPLaravelコースやWebアプリケーションコースのように、オリジナルアプリ制作がカリキュラムには含まれていません

 

オリジナルアプリは、あなた自身のスキルを証明するもので、内定を獲得するためには絶対的に必要となるもの。

 

特に年齢的に就職が厳しい20代後半以降の方などは、同じJavaが学べる「転職保証コース」がオススメです。

オリジナルアプリ制作はもちろん、専門のキャリアカウンセラーがついていて、手厚い転職サポートがあるんです。

≫テックアカデミー転職保証コースは20代後半の未経験者にオススメです!

 

なので、まだ就職にハンデのない20代前半の方にオススメです

 

20代以降の方であれば、次節でご紹介する「転職保証コース」がおすすめです。

 

転職保証コース

料金 16週間:547,800円(教育訓練給付金支給で164,340円)
学習時間目安 300時間
学習内容 JavaのWEBアプリケーション開発+クラウド、AI
おすすめポイント
  • 20代後半の方でもエンジニア転職できる
  • Java開発に必要なスキル一式が学べる
  • AWSやAIも学べる
  • キャリアアドバイザーの転職サポート付き
  • 教育訓練給付金支給で安く学べる

 

IT企業への転職を目指す20代後半の未経験者におすすめしたいです。

 

なぜなら、20代後半の未経験者の採用はかなり少ないのです。

IT業界はスキルや経験・実績が評価されるものですから、基本的に未経験者の中途採用はありません

 

20代前半であれば第二新卒といった扱いで、未経験であってもまだ採用の可能性はあります。

 

20代後半の未経験を採用するよりも、20代前半を採用した方が会社としてもメリットは大きいからです。

 

しかし、年齢的に不利な状況を打破するためのサービスが当コース(転職保証コース)に含まれているので、内定獲得率も高いんです

 

テックアカデミーの転職保証コースでは4ヶ月でプログラミングスキル習得し、転職も達成するためのコース

学習中には現役エンジニアのコーチングもあります。

加えて、転職活動をサポートするキャリアカウンセラー転職が決定するまで徹底サポートしてくます。

スキル証明に必要なポートフォリオ制作についても、メンターがアイデア出しからサポートしてくれるんです。

≫テックアカデミー「転職保証コース」の基本情報

 

とはいえ料金が高いところがネックです。

しかし今なら通常547,800万円の受講料が掛かるところ、16万円ほどで転職保証コースを受けることができますから超絶お得です。

 

これだけ安くできるのは、転職保証コースが国の教育訓練給付金支給の対象になっているからなんです。

給付金支給条件や転職保証コースの詳細などは、以下記事にて解説しています。

ぜひご覧になってくださいね。

≫テックアカデミー転職保証コース

 

20代後半の未経験の方など、転職したいけど年齢制限で不安になっている方は「転職保証コース」がおすすめです。

 

おすすめな方

以下「PHP/Lartavelコース」「Javaコース」「WEBアプリコース」をおすすめしたい方です。

  • 学生
  • 20代の方で就(転)職を考えている方

 

将来はITエンジニアを目指す学生のための教養におすすめです。

未経験であれば苦しむことが多い入社後研修にもしっかりとついていけるし、早い時期から開発現場で活躍することができます。

 

また、IT業界への転職を考えている20代の未経験の方のスキルアップにもおすすめです。

 

しかし、全く未経験であるよりもスクールで作ったオリジナルポートフォリオがあれば強いです。

採用を勝ち取るあなたの強力な武器になります。

 

オリジナルポートフォリオは「PHP/Laravelコース」か「WEBアプリケーション」「転職保証コース」で作ることができますよ。

 

2.趣味・副業をするためのコース

  • フロントエンドコース
  • WordPressコース

 

上記2コースを選んだ理由は以下の通り

  • クラウドワークスやランサーズでの副業案件を獲得することができます
  • ブログサイトなどを、趣味で制作することもできるようになります
  • 学習難易度が低い

 

たとえば「フロントエンドコース」を受講することで、以下クラウドワークスの案件を獲得することができます。

wp案件_クラウドワークス

フロント案件1_クラウドワークス

 

以下は、既存の無料ブログシステムからWordPressへ載せ替える案件です。

フロント案件2_クラウドワークス

 

フロントエンドコースやWordPressコースは、前述した「Webアプリケーション」や「PHP/Laravel」などに比べ、学習難易度が下がりサクッと習得することができます。

 

では順にご紹介していきます。

 

フロントエンドコース

料金 12週間:330,000円
学習時間目安 約240時間
学習内容 フロント技術を使ったWEBサイト制作
おすすめポイント
  • 副業案件をこなすためのスキル一式が学べる
  • 受講後は副業案件を紹介してもらえる!

 

フロントエンドコースはHTMLやCSS、Javascriptなどサーバー側技術を除いたスキルを習得します。

具体的には以下の通り

  • HTML
  • CSS(Bootstrap)
  • Javascript(jQuery, Vue.js)

 

サイト制作はもちろんのこと、案件の選び方までも学べるんです。

なので、実際にクラウドワークスで案件を取り、副業で稼げるような総合的なスキルを獲得できます。

実践的な学習にはなりますが、メンターのフォローがあるから安心です。

 

また、受講終了後にはあなたに合った副業案件を紹介してくれます。

もちろんメンターがついていますから、納品までしっかりサポートしてくれるので安心です。

副業案件例

-出典:テックアカデミー副業案件例-

 

下記に、月10万円の収入を稼ぐことに成功した卒業生をご紹介しておきます。

≫営業からWebデザイナーへ!Web制作とデザインで副業月収10万円を達成した方法とは-techacademy-

 

WordPressコース

料金 4週間〜:174,900円
学習時間目安 約200時間
学習内容 WordPressを使ったWEBサイト制作
おすすめポイント
  • WordPress制作に必要なスキル一式が学べる
  • PHPも学べる
  • ゼロからサイト制作できるようになる

 

 

当コースでは、WordPressをカスタマイズしてオリジナルサイトを構築し、ネット上に公開するところまでを目標とします。

 

学べるスキルは具体的には以下の通り

  • WordPressの使い方やサイト設計
  • HTML
  • CSS(Bootstrap)
  • PHP

 

WordPressはPHP言語で作られています。

PHPを使って、より高機能なWEBサービスや管理画面にカスタマイズすることもできますよ。

 

以下、WordPressコースを受講した受講生の作品です。

 

 

おすすめな方

以下「フロントエンドコース」「WordPressコース」をおすすめしたい方です。

  • 副業がしたいサラリーマンの方
  • 自宅で働きたい主婦の方など

 

本業に支障が出ないよう、副業でお小遣い稼ぎしたいサラリーマンの方にはおすすめです。

あと、小さな子供の世話や、介護など家庭の事情で自宅で働きたい主婦の方にもおすすめです。

 

フロントエンドやWordPressは、他のコースに比べて学ぶ知識量も少ないです。

クラウドワークスなどで時間に縛られない働き方をすることもできます

 

そのほか、本当にプログラミングに自信がない未経験の方のスタートアップにもおすすめです。

 

2.おすすめできないコース

  1. OSS学習・GitHubなど|Youtubeでも十分学べる
  2. Wix|非エンジニア向け
  3. ウケ放題コース|未経験者はメリットなし
  4. 複数コース|未経験者は学習の負担が大きい

 

順に解説します。

 

1.OSS学習・GitHubなど|Youtubeでも十分学べる

ツールの使い方などだけを学ぶのだけは避けましょう。

大工さんが家の建て方を学ぶべきところ、カンナの使い方だけを学ぶようなものです。

 

役に立たないと言っているのではなく、それ以前に習得すべきスキルがあるということです。

「GitHub」は「PHP/Laravel」や「Webアプリケーションコース」でセットで学べます。

 

フリーランス案件などの採用条件として「GitHubが使えること」とよくあるのは事実。

ですから、持っておいてほうが良いスキルですが、わざわざ受講料まで払って習う必要まではありません。

 

YouTubeやドットインストールなどで、多くのエンジニアの方がわかりやすく解説していますよ。

 

2.Wix|非エンジニア向け

Wixはブラウザの画面上で、必要なアイテム(ボタンやテキスト、画像など)をマウスで組み立てて、WEBサイトなどを作っていくツールです。

非エンジニアの方向けに、簡単にWEBサービスを作ることができるんです

 

ゼロからデザインを作る必要もなく、既にいくつかテンプレートがあります。

必要な機能も既に備わっていて、ある程度のWEBサービスはプログラミングを知らなくてもできてしまいます。

  • テンプレート
  • レスポンシブデザイン
  • 予約・販売・会員機能

 

しかし、Wixの副業や仕事があるとは聞いたことがないです。

これからITエンジニアを目指す方は受講すべきではありません。

 

3.ウケ放題コース|未経験者はメリットなし

ある程度自走できる方にはおすすめで、受講料を抑えながら多くのコースを受講できます

全15コース全て受講すると、大体200万円くらいお得になるんです。

 

しかし、自走できない未経験の方はどうしてもつまづいてばかりですから、1つのコースで精一杯です。

ウケ放題コースは6ヶ月で50万円(社会人)もの受講料が掛かってしまうので、かえって受講料がもったいないです。

 

未経験者であれば、まずは1つのコースをじっくりと確実に理解しましょう。

 

4.複数コース|未経験者は学習の負担が大きい

例えば「PHP /Laravelコース」+「フロントエンド」+「WEBデザインコース」と2、3つのコースを同時に受講するコースです。

 

上記の例で言えば、バックエンドとフロントエンドのスキルを合わせ持つ、フルスタックエンジニアを目指そうというもの。

受講料も個別で学ぶよりも15万円ほどお得なんです。

 

しかし、前述もしましたが未経験者であれば、まずは1つのコースをしっかりと時間を掛けて理解しましょう。

未経験者であればつまずくことは多いです。

そんな中でいくつもの学ぶことがあると、焦りや精神的な疲れが続き、挫折したくもなりますよ

 

3.コースの選び方

  • 何を作りたいか決める(WEBアプリ、WEBサイト、ゲーム、スマホアプリなど)
  • どういった働き方がしたいのか(就職、副業など)

 

どのコースを選べば良いか分からない方は、まずは上記2点を考えてみましょう。

そうすることで、過不足なく効率的な学習ができるコースが選べて、受講料も無駄にすることがありません

 

また、テックアカデミーはコースを受講する期間(プラン)も選べます。

4週間プランから24週間プランまでありますが、1日に可能な学習時間を考えてプランを選びましょう

未経験者が早く習得し安く済まそうと安易に4週間プランを選んでしまうと、1日中学習しないといけないので過酷です。

≫あなたに合ったプランの見つけ方

 

もし、どのコースを選べば良いか分からない方は、ぜひ無料体験を受けてみましょう。

現役エンジニアから適切なアドバイスがもらえ、受講すべきコースやプランが判明しますよ。

現役のメンターが指導

テックアカデミー無料体験

オススメポイント

・1週間の無料体験あり!
・スカウトが来る!?転職サポート付き
・通過率10%で選ばれた現役エンジニアがメンター(指導者)
・PHP/Python/Java/AI/アプリなど学びたい言語・コースが選べる!
\無料体験で感触が掴める!/

 

まとめ|無料体験を受けてみてから最終的に決めよう!

最後に要点をまとめて終わりにします。

 

未経験者におすすめするWEB系エンジニアになるためのコースは目的別に以下6つ。

目的 おすすめコース
就職・転職のため WEBアプリケーションコース、PHP/Laravelコース、Javaコース、転職保証コース
趣味・副業をするため フロントエンドコース、WordPressコース

 

コース選びは、まずはプログラミングを学ぶ「目的」を明確にすることが大切です。

目的に合ったコース選定ができれば、卒業後の活躍が期待できます。

 

また未経験から始めるわけですから、どうしても体の疲労や精神的な疲労は抱えてしまうものです。

なので、学習を無理なく継続できるプラン選定も大切です。

 

まずは、無料体験であなたの気になるコースで良いか現役エンジニアに相談しましょう。

コースが分からなければ、無料体験などで現役エンジニアのアドバイスも聞いて決めて行きましょう。

 

現役のメンターが指導

テックアカデミー無料体験

オススメポイント

・1週間の無料体験あり!
・スカウトが来る!?転職サポート付き
・通過率10%で選ばれた現役エンジニアがメンター(指導者)
・PHP/Python/Java/AI/アプリなど学びたい言語・コースが選べる!
\無料体験で感触が掴める!/

 

-プログラミングスクール

© 2022 マー坊プロジェクト